2019年8月18日 (日)

時間をお金で買うか

今月の月刊ハーバード・ビジネス・レビューの特集は、「時間と幸福のマネジメント ~なぜ働きすぎてしまうのか~」。

働くことに費やす時間と、幸福感の関係について、複数の観点で論じられています。

働き過ぎはいけない。
働き過ぎると、幸福感が減る。

多くの人が、その関係を認識していると思います。

では、会社以外の働きではどうでしょうか。
会社以外の働きとは、たとえば家事や買い物といったもの。

世の中には“時短”をキーワードにした商品があふれています。

お掃除ロボットや、調理が簡単な食材キット、家事代行サービスなど。

もし会社以外の仕事の時間を短くできるとすれば、そのためにお金を払えるか?

誌面の中のいくつかの論文では、「お金よりも時間」が大切だと説かれています。
決して富裕層でなくとも、時間を有意義に使える方が、幸福感が高まると。

時間を犠牲にしてまでケチらない。
これが大切なようです。

2019年8月17日 (土)

自動発注ができないときの発注ミス事件

先日、とあるスーパーに調査に行ったときのこと。

食品売場のバックヤードに、大量の卵のパックが置かれていました。

さらに、売場にも大量の卵が陳列されています。
そして、「1パック(10個入り)58円」というPOPが。

卵1パック58円というのは、破格値です。
通常の特売でも、せいぜい100円。

売場にいる人たちは、『あら安いわね』と、次々にパックを手に取っています。

なぜそんな値段なのか、店長に聞いてみると、
『発注ミスで大量に入荷してしまったのです。
賞味期限も近いため、通常の特売の価格よりも安くしています』とのこと。

POPをよく見てみると、『賞味期限が近いため』という文言も入っています。

そのスーパーでは、自動発注システムが導入されています。
通常の定番商品は、発注数量が自動で計算され、その数量が入荷されます。

しかし、チラシ掲載の特売などは、自動発注のシステムは対応していないため、発注数量を担当者が決めています。
今回は、その際に発注数量を(多めに)間違えてしまったとのこと。

お客は結構喜んでいました。
店の店長や担当者は、内心泣いているでしょうが。

しかし、人間はミスを犯すもの。
あまりそれを責めることはできません。

2019年8月16日 (金)

会社のレクリエーション活動を奨励する?

社内のコミュニケーションを活性化するために、仕事以外で触れ合う機会を増やそう、と言っている人がいます。

たとえば、会社が主催するレクリエーション活動。

バーベキュー大会や、社員旅行。
フットサルや野球など、社内で結成するサークル活動もその一つ。
身近なところでは、暑気払いや忘年会といった飲み会もあるでしょう。

そのような、オフィシャルな場ではないところで、社員同士がコミュニケーションを取る。
それによって、社内の活性化につながるという意見があります。

一方、仕事は仕事として割り切り、会社に対しそれ以上のことを求めないという人もいます。
わざわざ会社が終わった後や休みの日まで、会社の人と一緒にいたくないという人たち。

会社でレクリエーション活動を行った方がいいのか、やらなくてもいいのか?

それは個々で判断すべきことですが、無いよりはあった方がいい、と思っています。
ただし、無理強いしない程度に……。

2019年8月15日 (木)

似顔絵の名刺をもらって

たくさんの人と名刺交換をすることがあります。
名刺交換をする場は、大抵初対面のとき。

その中で、似顔絵が書かれた名刺をもらうことがあります。
本人の似顔絵。

しかし、しばらくしてその名刺を見返したとき、似顔絵を見ても「果て、どんなお顔だったか…」と思い出せないことが。
多くの似顔絵は、多少デフォルメして描かれているので、本人のリアルな顔のイラストではないのです。
その結果、顔が思い出せない…。

一回会っただけの人の顔を、時間が経って思い出すのは容易ではありません。

似顔絵の名刺から、何度かそんな経験があります。

2019年8月14日 (水)

物流センターを見たことがない

先日、社会人向けに、物流に関する知識を伝える講義を行いました。

物流の機能や業界動向、在庫管理の考え方といった、物流に関する基礎的な内容の講義です。
さらに、物流センターの仕組みについても話をしました。

TCとDCの違い、センターの中で行われている作業、マテハンなどについても解説。

その中で、「今まで物流センターの中を見たことがありますか?」と聞いてみました。

すると、見たことがないという人が約8割。
大半の人が、今まで物流センターの中に入ったことがないということです。

昔アルバイトをしていたとか、今の仕事の中でセンターに行くことがある、という人以外は、馴染みがない場所だということ。

物流センターを見てみないと、物流の仕組みが理解しづらいことは間違いありません。
どんな仕組みで、モノが入ってきて、そこから出荷され、顧客まで届けられているのか。
それが実感できないと思います。

昨今の、ネット通販が拡大されている世の中においても、『物流コストはタダ』だと勘違いしている人がいるようです。

物流センターを見る機会を増やすことも、世間に物流の実情を知ってもらううえで、大事なことだと感じます。

2019年8月13日 (火)

「日本」の読み方

人は、名前を間違えられると、いい気分になりません。

そのため、名前を呼ぶ際は、間違えないように気を遣う必要があります。

社名も同様。
会社の名前を間違えて呼ぶと、失礼になります。

そこで悩ましいのは、「日本」がつく社名。

「日本〇〇株式会社」といった社名。

この場合、「ニッポン」なのか「ニホン」なのか、会社によって読み方が異なります。

会社だけでなく、社団法人などの団体も、「日本」が入っているところが山ほどあります。

これらを訪問する際は、「ニッポン」か「ニホン」かを、予め調べておかなければなりません。

ちなみに、地名の「日本橋」は、「ニホンバシ」は東京、「ニッポンバシ」は大阪にあります。
ややこしい(苦笑)。

2019年8月12日 (月)

年中無休の減少

今、お盆休みの時期。

街中の商店でも「お休み」の貼り紙が目立ちます。

数年前までは、年中無休、365日営業が当たり前、休みを少なくすることが売上増加につながる、という風潮がありました。
しかし、最近は年に何回かの定休日を取るところが増えています。

この理由は、「人手不足」、「働き方改革」、「労働環境改善」というキーワードに集約されるでしょう。

“売上”よりも“人”が大事。

そもそも、人が集まらなければ、営業はできない。
人の確保が、売上を決めるといってもいい状況です。

「年中無休」を謳う店の数は、恐らくこの先も減っていくことでしょう。

2019年8月11日 (日)

上着を着る文化

気温が30℃を超える日が続くと、体力的にもつらい状況になります。

今は、夏場の仕事においてはクールビズが主流となり、男性ではノーネクタイ、半袖シャツが当たり前です。

その中で、クールビズスタイルではあるものの、上着を着る文化のところがあります。
スーツの上着やジャケットの着用。

接客の際や顧客を訪問するときは、上着を着る。
そのスタイルが定着している企業があります。
割と金融機関などに、多いかもしれません。

上着を着用している社員の人たちを見ていると、服装についても“企業文化”というものがあるのだと、改めて思わされます。

2019年8月10日 (土)

休みを取った方が生産性は上がるが…

今の時期は、夏季休暇を取る企業がたくさんあります。

有給休暇の取得も義務付けられ、休みを取らなければいけない世の中の環境になっています。

休みを取らず仕事をし続けると、体も心も疲労します。

休みを取った方が、生産性は上がる。
多くの研究者が、そのようなことを言っています。

恐らくそれは、間違いないことでしょう。

一方で、休みは取りたいが取れない、という人もいます。
人が足りなかったり、代わりの人がいなかったり。

その人は生産性が落ちているのか。

あまり変わらず、ずっと同じ感じで仕事をしている人もたくさんいます。

休みを取った方が生産性は上がるのでしょうが、休みを取らなくても生産性は落ちない。
そう思える人もいます。

2019年8月 9日 (金)

「夏枯れ」という言い訳

この時期、「夏枯れなんで…」という言い回しを聞くことがあります。

仕事でうまくいかないことや、成績が悪いときに使われる言い回し。
大半は、半分冗談で言っているものですが。

夏枯れとは、
・植物が暑さのために生気を失うこと
・転じて、客足が減り景気が悪くなること

確かに、猛暑のこの時期は、人も正気を失いがちになります。

やる気が出ない、業績が悪い、仕事がうまく進まない。
そんなときの言い訳として、「夏枯れなんで」という言葉は、意外と便利に使えそうです(笑)。

«理想の人はどこかにいるか