« 報酬が分からない仕事 | トップページ | 収益計画づくりを手伝ったこと »

2018年2月15日 (木)

過去を否定するか

海外の企業でCEO(最高経営責任者)が交代したとき、よくあるのが今までの経営を否定すること。
(海外の企業に限らず、日本でもそうかもしれませんが)

特に業績が悪化した企業でCEOが変わると、新しいCEOは以前の経営のやり方を批判し、自ら新しい方針を打ち出そうとします。

過去を否定することは悪いことではありません。
今までのやり方を続けていたら、業績の悪化は止まらないという危機感を社内に醸成させることは必要です。

翻って、私が業務改善について教えを乞うた人から学んだのは、「過去はすべて正しいと思いなさい」ということ。

過去はすべて正しい。
今までやってきたことを否定してはいけない。
そのうえで改善すべきところは改善していく。

そういう考えで改善を進めていきなさい、と教わりました。

過去を否定するか、過去は正しいと思うか。

どちらが正解というわけではありませんが、私は、改善を進めていくときは「過去はすべて正しい」と思うようにしています。

« 報酬が分からない仕事 | トップページ | 収益計画づくりを手伝ったこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1667479/72921740

この記事へのトラックバック一覧です: 過去を否定するか:

« 報酬が分からない仕事 | トップページ | 収益計画づくりを手伝ったこと »