« 大企業病とはどのようなものか | トップページ | 人は死んだら貨物 »

2018年2月26日 (月)

誰のために改善活動をしているのか

業務改善に関するコンサルティングや研修をしていると、ふと心配になることがあります。

それは、業務改善活動を行っている会社の人たちから出る言葉。

『忙しくて改善活動をする時間がありません。』
『一部の人だけが改善に取り組んでいます。』
『他の仕事に追われて、改善活動は進んでいません。』
などのような言葉。

それらの発言を、否定や批判をするつもりはありません。
むしろ、“気持ちは理解できる”のです。

ただ、改善活動というのは誰のために行うのかを、本当に理解しているのだろうかと、心配になるのです。

果たして、改善活動は誰のために行うのか?
私の考えは、「自分たちのために行う」です。

社長のためでも、(改善事例)発表会のためでもありません。

まず、第一義的には自分たちのため。
その後に会社や顧客。
それらにメリットを与えればよいのだと思っています。

従って、自分たちのメリットになることに取り組む。
それが改善活動であるはずです。

形や資料の体裁にこだわるのではなく、いかに自分たちのメリットにつなげることができるか。
そう思っていれば、改善活動は前向きな気持ちで取り組めるのではないでしょうか。


P.S.
改善活動を従業員にやらせている経営者や経営幹部も、「改善活動は誰のために行うべきなのか」をしっかりと伝えてほしいと思っています。

« 大企業病とはどのようなものか | トップページ | 人は死んだら貨物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1667479/72997600

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のために改善活動をしているのか:

« 大企業病とはどのようなものか | トップページ | 人は死んだら貨物 »