« 角の丸い名刺 | トップページ | 報酬が分からない仕事 »

2018年2月13日 (火)

在庫日数を計算するには

「在庫管理を何とかしたい。」
「在庫を適正化したい。」
「過剰在庫や欠品を防ぎたい。」

在庫に関して、そのような問題意識を持っている会社があります。

その場合、まず最初に、『在庫が何日分あるのか』を見る必要があります。

いわゆる「在庫日数」を見るのです。
(在庫日数は単品ごとに計算します)

在庫日数の計算式は、以下の通りです。

在庫日数=在庫数÷(1日平均の)出荷数

例)・在庫数が100個
     ・1日平均の出荷数が5個
    →在庫日数=100個÷5個=20日

なお、在庫数は日々変動するため、計算する場合は“平均在庫”を取ります。平均在庫は、
平均在庫=(期首在庫数+期末在庫数)÷2
で計算します。

在庫の問題は、まず在庫日数を計算し、それが多いのか少ないのか、適正なのかを単品別に評価する。
その分析から始めるとよいでしょう。

« 角の丸い名刺 | トップページ | 報酬が分からない仕事 »

物流・ロジスティクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1667479/72907505

この記事へのトラックバック一覧です: 在庫日数を計算するには:

« 角の丸い名刺 | トップページ | 報酬が分からない仕事 »