« 24時間365日営業の安心感 | トップページ | 失敗したら飛ばされる(?) »

2019年1月 2日 (水)

無人店舗は無人ではない

昨今、「無人店舗」が話題になっています。

顧客は、自分が買いたいものを手に取り、そのまま店を出れば清算が終わるというものです。
画像で取った商品を認識し、登録した個人情報と結び付け、レジを通さず買い物が終了するというシステム。

それが、「無人店舗」、「無人コンビニ」などと称されています。

しかし、それらの店は、“無人”ではありません。

棚に商品を並べたり、運んできたトラックから荷受けする行為は、人手によって行われています。

あくまで、「レジ業務を無人化した」店ということです。

当然、店の運営はレジだけではありません。
それ以外の作業、品出しや清掃などの業務の方が、工数が掛かっていることもあります。

従って、レジだけを無人化した店を「無人店舗」と呼ぶのは誤解を招きます。
あえて言うなら、「レジ業務の無人化店舗」です。

« 24時間365日営業の安心感 | トップページ | 失敗したら飛ばされる(?) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無人店舗は無人ではない:

« 24時間365日営業の安心感 | トップページ | 失敗したら飛ばされる(?) »