« 本に書かれていることは一例 | トップページ | 残り物は「福」ではなく残り物だった »

2019年1月15日 (火)

副業に対する二つの見方

最近、副業を認めている企業が増えています。

政府としても、働き方の一つとして、副業を奨励しているような動きがあります。

本業と副業。
本業とは、メインとなる仕事。
副業は、サブの仕事。

副業をすることで、視野が広がり、本業にも良い面をもたらすと言っている人もいます。

そんな中で、ビジネスマン向けの雑誌を読んでいたら、『副業などしている場合ではない』と語っている識者がいました。

それは、40代くらいの、組織の中核となるビジネスマン向けのメッセージだったのですが、『真剣に仕事に向き合うためには本業に集中すべきであり、副業などしていたら本業がおろそかになる』という趣旨のものでした。

副業をすべきか。
副業などしている場合ではないのか。

組織の中で働いている人は、今の仕事に対して、どのような見方をしているでしょうか。

« 本に書かれていることは一例 | トップページ | 残り物は「福」ではなく残り物だった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 副業に対する二つの見方:

« 本に書かれていることは一例 | トップページ | 残り物は「福」ではなく残り物だった »