« 時間ぎりぎりのスケジュール | トップページ | 定年延長の広がり »

2019年1月25日 (金)

会社の利益と本人の利益

会社の業績や、自部署の収益状況が厳しいとき。
管理者や責任者は、収益の改善を図らなければなりません。

収益改善に向けて、部下や従業員に向けて、『(収益改善に)協力して取り組んでほしい』と訴えます。

そう言われた方は、『嫌です』とは言いません。

『分かりました』と、ほとんどの人たちは答えます。

しかしそれは、本当に納得し、理解をしたことなのか。
実際に真剣に協力してくれるのか。

実は表面上だけ、分かったふりをしていることが少なくありません。

会社の利益(不利益)は、自分の利益(不利益)とは関係ない。
心の中でそう思っている人がいます。

その場合、どうすればよいのか?

・上から押さえつける
・協力しない人の評価を下げる
・納得するまで話し合う

これらは、どれが良くて、どれが悪いとは一概には言えません。

場合によっては、上から押さえつけることも必要です。
「協力しない人は、うちの会社には要りません」と言っている経営者もいます。

話し合いをして、納得してくれればそれに越したことはありませんが、きれいごとばかりで済まないことも事実です。

« 時間ぎりぎりのスケジュール | トップページ | 定年延長の広がり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会社の利益と本人の利益:

« 時間ぎりぎりのスケジュール | トップページ | 定年延長の広がり »