« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

日本人は品質を気にしすぎ?

工業製品において、品質はとても重要です。

中でも、見た目における品質。

少しのキズや汚れでも、出荷できないものがたくさんあります。

場合によっては、「言われてみないと分からない」ような、キズや汚れであっても、品質不良と判定されるものも少なくありません。

それらは修正がきくものは修正し、それができないものは廃棄となります。

品質不良を出さないために、現場は多大な努力をしています。
それでも、不良がゼロになることはありません。

特に、日本人は品質に厳しすぎると言われています。

「そこまでの品質が果たして必要?」
社会的にムダな手間やコストを掛けているのであれば、品質基準を見直すことも必要かと思います。

2019年2月27日 (水)

「よろしく」を使う回数

ふと思ったことがあります。
一日仕事をする中で、どんな言葉を最も使うか。

それは、「よろしく」ではないか、と。

「よろしくお願いします」

この言葉は、メールを発信する際に、締めの言葉として使う常連です。
メールを10個発信すれば、9回くらいは使っているのではないでしょうか。

会話でも、「よろしく」という言葉を発することが多いもの。

恐らく今日も、たくさん「よろしく」を使うでしょう。

『皆さん、今日もよろしくお願いします!』

2019年2月26日 (火)

「分かりましたか」という問いはダメ

組織で、従業員に何かを理解してもらいたい場合。

上司から部下に、その内容が伝えられます。

指示や伝達事項。
気をつけてもらいたいことなど。

口頭で伝え、理解を促すケースが多いものです。

そして、その内容を相手が本当に理解をしたのか、確認する必要があります。

このとき、次の問いかけはダメな例です。

『分かりましたか。』

この問いかけでは、聞かれたほうは、大抵『はい』と答えます。
恐らく、9割以上は、『はい』と答えるでしょう。

しかし、本当に理解できたのか、何を理解したのかを、その問いかけでは確認することはできません。

この場合、問いかけとしては、
『理解したことを言ってみてください』と質問するのが良い例です。

理解していないと、口で説明することはできません。
また、本人に言わせることで、改めて内容を記憶の中に定着させることができます。

相手が理解したかを確認するには、『分かりましたか』という問いはNGです。

2019年2月25日 (月)

本当は○○なのに

先日、京都国立博物館に行きました。

展示されている仏像を中心に、見て回りました。

その仏像の中に、こんなものがあります。
1f1_20140913_tmb_item01

これは、京都 西住寺蔵の宝誌和尚立像(ほうし おしょう りゅうぞう)。
(重要文化財。写真は京都国立博物館のホームページより)

宝誌和尚は、中国の伝説の僧。
その本当の姿は十一面観音。

本当の姿である十一面観音になろうとする瞬間を映した、珍しい形の仏像です。

パカっと割れた顔の下から、十一面観音が姿を現す。

これはあくまで仏像の世界の話しですが、現実においても、『本当の私は違うのに…』と思っている人は少なくないと思います。

仕事においては、本当の自分を押し殺し、“いい人”を演じてる。
内心考えていることは違うのに、周りに同調するがために、本心とは違うことを言っている。

人間では、宝誌和尚のように、本当の姿が隠れているわけではありませんが、出来るだけ本来の自分を表に現したいものです。

2019年2月24日 (日)

褒めてばかりの人

上司が部下を指導する際、最近は褒めることの重要性が説かれています。

成果が出たら褒める。
それまでの過程でも、努力をしたことは褒める。

褒めることで、本人のモチベーションを上げることが必要だと。

褒めることは確かに大切。
褒められないと、やる気を失うことは事実です。

しかし、世の中には、褒めてばかりの人もいます。
褒めることは得意。
一方、叱ることができない。

部下の欠点を是正するにも、うまく叱れない。

結果として、褒めてばかりの人。

そういった、褒めてばかりの人は、意外と信憑性がありません。
本心から褒めているのか?と。

叱られることがあるから、褒められると嬉しい。
褒められるばかりで、叱られないのは、本当の意味で指導してくれていないのではないか。
部下としても、そのような感情を抱くのではないでしょうか。

褒めることは大切。
そして、叱ることも大切です。

2019年2月23日 (土)

広く浅い内容でもよいとき

ある物流の専門家の方から、講演会の資料をいただきました。

その方が流通業界の団体向けに講演した資料。

そこには、現在の物流におけるテーマが羅列されています。

過去から現在までに物流業界で起きたこと。
今起こっている“物流危機”の要因。
労働法関連の規制の影響。
技術革新の動向。
などなど。

幅広いテーマが、資料に記載されています。

一つひとつのテーマは、それほど深くはない。
網羅的に内容が紹介されています。

そのような資料です。

それでも、物流業界を取り巻く環境については、広く知識を得ることができます。

不特定多数の人向けに講演をする場合は、そのような「広く浅い」ものの方が、喜ばれるのかもしれません。

2019年2月22日 (金)

コンペ・プロポーザルの厳しさ

発注側が、委託先を選ぶ際。
コンペ(コンペティション)やプロポーザル方式によって、業者を選択することがあります。

ある案件に対し、業者が提案(プレゼン)し、見積りを出して、その中から最適な業者を選ぶ方式です。

選ぶ側は、複数の中から最適な業者を選ぶことができます。

一方、選択される側の業者は、必死に提案内容を考えますが、それが選ばれる確率は数分の一、あるいは数十分の一という厳しさです。

私もいくつか、業者側の立場で提案をしたことがあります。
選ばれなかったこともあれば、選ばれたこともあり…。

選ばれなかった場合は、それまでの苦労が水の泡ですが、仕方ありません。
選ばれなかった理由があるのでしょうから……。

ちなみに、今人気のあるジャパニーズポップスのミュージシャンが歌う曲の歌詞を、プロデューサーがコンペした際は、300曲の中から選んだそうです。

300曲。。。

考えたら恐ろしい数です。

300人近い人が曲を考え、提案した。
しかし、選ばれるのはその中のたった1曲。

コンペやプロポーザルの厳しさは、私も少しは理解できます(苦笑)。

2019年2月21日 (木)

1年触らない書類は捨てる

仕事に関係する書類が書棚を埋めています。

置けるスペースが少なくなり、取り出しにくい状態にもなっています。

そこで、少しでも書類を減らす必要がある。
さて、何を捨てるか。

その判断基準としては「この1年間触っていないものは捨てる」候補にするというもの。

1年間見ない書類ならば、恐らくこの先も見ることはない。
そういった判断です。

“永久保存版”的なものは別にして、その判断基準で選別すると、書棚の5分の1くらいは空きそうです。

早速その処理をすることにします。

2019年2月20日 (水)

人手不足で営業停止

近所の居酒屋で、ランチ営業をしていた店があります。

私もときどきランチで、その店に行っていました。

ある日、その店の前を通ったら、張り紙が。

『人手不足のため、当面ランチ営業は休止します。』

アルバイトやパートが集まらない。
その声は、あちこちで耳にします。

飲食店に限らず、あらゆる業種で。

パート・アルバイトの時給を上げれば集まるのかもしれませんが、企業経営においてはそれも限界があります。

この店のランチが食べられない。
少し残念な出来事です。

2019年2月19日 (火)

大人になると一年が短い理由

一年があっという間。

歳を取れば取るほど、感じることです。

なぜ歳を取ると、一年が速く感じられるのか。

『5歳の子は、一年は人生の5分の1。
20歳になると、一年は人生の20分の1。
50歳になると、50分の1。

だから一年が速く感じる』と、言う人がいます。

なるほど、と思います。

なるほどと思うのですが、それだけではない気もします。

大人になると、いろいろなことに追われる。
仕事もしかり、家庭のこともしかり。

自分自身の中で、趣味などやりたいことも増えるでしょう。

少し大げさに言うと、人生の課題が次から次へとやってくるからなのだと思います。

一年を少しでも長く感じられるようにするためには、「やらなくていいことは止める」。
これが必要なのではないかと思います。

2019年2月18日 (月)

販売管理システムと在庫管理システムが2社に分かれていると

ある中小の雑貨の卸売業に、販売管理システムが導入されていました。

売上管理や、伝票発行などを、そのシステムで行っています。

その後、倉庫を新たに設けることになり、それを機に在庫管理システムを導入することにしました。

販売管理システムとは違う業者の、在庫管理システムを入れました。

販売管理システムと在庫管理システムの、データ連携などは問題がなかったのですが、困ったことが起きることになりました。

それは、何か不具合が発生したときや、システムに関する問い合わせをしようとしたとき、どちらの業者に確認すべきかが分からないのです。

販売管理システムの業者(A社)に連絡すると、在庫管理システム(B社)の問題ではないかと言われ、B社に問い合わすると、A社のシステムに問題があるのではないかと言われる。
結果的に、調査するのに二重の手間と時間が掛かることになったのです。

販売管理システムは導入から数年経ち、そろそろ入替えを考えなければならない時期に来ています。

そのため、その会社では、『今度は販売管理システムも在庫管理システムも、同じ業者にお願いしたい』と思っています。

システム導入に際しては、そのような点も考慮する必要があります。

2019年2月17日 (日)

動くか考えているだけか

事業をしていると、数え切れないくらい課題が出てきます。

何かの改善をしなければいけない。
新たなことに取り組まなければいけない。
人材の育成をする必要がある。

あまたの課題。
あれもこれも、やるべきことが山積。

恐らく、世の経営者や管理者は、そういった思いを抱いていることでしょう。

それらを解決するには、結局は“動く”かどうかです。
とにかく動き始める。

うまくはいかないかもしれないけれど、動き始めれば何かが変わっていきます。
もちろん、失敗もあり得ます。

ただ考えているだけでは、何も変わらない。
それは事実です。

以上は、自分に対するメッセージでもあります。

2019年2月16日 (土)

見終わった書類はすぐに捨てる(?)

会議や商談などで配られる資料。

中には、“分厚い”資料もあります。

それらを、見終わった後どうするか?

捨てるか、取っておくか。

もちろん、内容によるのでしょうが、すぐに捨てる派が意外と多いような気がします。

「どうせ後からは見ない」という書類が、結構多いのだと思います。

書類は捨てなければ、溜まる一方。
スペースを圧迫し、必要なものを探す手間も余計に掛かります。

見終わった書類は、すぐに捨てる。
それを基本にするのが良い気がします。

2019年2月15日 (金)

社長が社長業をやっていない会社

会社の社長。
会社を代表する人。
トップ。

その役割はとても大きく、判断によって会社の命運を左右させます。

しかし、「社長」だからといって、社長業をやっているわけではない、という会社があります。

「社長」はあくまでも役職だけ。
実質はその親族であったり、右腕であったりする人が会社を動かしている。

そんな会社が少なからずあります。

そのような会社に出会うと、最初は少し戸惑いますが、それはそれで会社が回っているのであればいいのかな、という気もします。

社長だから社長業をやらなければいけないというのは、ただの固定観念なのかもしれません。

2019年2月14日 (木)

社内でのやり取り禁止!

今日は2月14日。
バレンタインデー。

多くの職場で、「義理チョコ」が配られます。

この「義理チョコ」は、正直面倒なことばかり。

送る方は、何を選ぶか、予算をいくらにするかに悩み、そして実際に買いに行かなければならない。

もらう方はもらう方で、お返しを考えなければならない。

職場での「義理チョコ」は、実は誰も嬉しくないのかもしれません。

そんなわけで、「『義理チョコは禁止!』令」を出している会社があります。

義理チョコだけでなく、出張に行った時のお土産や、年賀状のやり時も禁止。
休暇を取って、旅行に行ったとしても、そのお土産を配る必要はなし。
お中元やお歳暮は言わずもがな。

これによって、社内でお互いに気を遣う必要がなくなります。

面倒なことに気を遣い、疲れることは避けましょう。
そのためのルール作りをするのは、良い制度だと思います。

2019年2月13日 (水)

一点集中と同時並行

物事は、一点に集中して取り組んだ方が良いのか。
複数のことを同時に並行して取り組んだ方が良いのか。

一点集中の場合、一つのことを終えなければ、次の作業に取り掛かれない。
複数同時並行の場合は、とにかく手を付けることはできる。

さて、どちらが良いのか。

脳神経科学者の人が雑誌で述べていたのは、
『迷わず、一点集中』。

人間の脳は、マルチタスクが苦手な構造になっているようです。

複数の仕事がある場合は、一点集中を何回かつなげていく方が効率が良いとも述べられています。

「あれもこれも片付けなければいけない」という状況は日常茶飯事です。

その場合でも、「とにかくこれを片付ける」、そして次に「あれを処理する」という方が、結果的に効率的に物事が進んでいくそうです。

頭の隅に置いておきましょうか。

2019年2月12日 (火)

働くことのパーパス(purpose)

今月の月刊「ハーバード・ビジネス・レビュー」の特集は、パーパス(purpose)。

パーパスとはそもそも何なのか?

ハーバード・ビジネス・レビューの表紙には、パーパスとは「会社は何のために存在するのか」、「あなたはなぜそこで働くのか」とあります。

英単語のpurposeを訳せば、「目的」。

会社が存在する目的は何か?
自分がそこで働く目的は何か?

その概念を理解(理解というより“腹落ち”のほうが近いかもしれません)することが大切だということです。

なぜ人は(自分は)働くのか?

それを明確に答えられる人は多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか。

働く目的は、お金が第一目的であることは間違いありませんが、決してお金だけがパーパスではないと思います。

働くことのパーパス。
それを追究していくことが、働くことの意義とも言えるのではないでしょうか。
(逆説的ですが…)

2019年2月11日 (月)

トラック運転の燃費の差

トラック運送事業者の大半は、燃費改善の取り組みを行っています。

急加速やムダなアイドリングなどを減らし、省燃費の目標に向けた運転を行う取り組みです。

その目的の第一はコスト低減ですが、結果として安全運転にもつながります。

ある運送会社では、燃費改善にあまり熱心に取り組んでいませんでした。
特に目標もなく、ドライバーも燃費に対して意識が低い状態でした。

そのため、省燃費運転をしているドライバーと、そうでないドライバーで、差が顕著に出ています。

同じ4トントラックで、比較的省燃費運転を行っているドライバーは、1リットル当たり5.5km。
乱暴な運転をしているドライバーは1リットル当たり4.5km。

1リットル当たり1.0kmも差がありました。

仮に月に3,000km走行し、軽油代が1リットル110円だとすると、約13,300円の燃料費の差となっています。

経営が厳しいその運送会社は、改めて燃費改善の重要性に気づき、ドライバーに指導を行っています。

2019年2月10日 (日)

大人になると雪は嬉しくない

東京では、年に数回雪が降ります。

年によっては、10cm以上積もる“大雪”になることも。
(雪国の人からすると、大げさだと思われていることでしょう。)

たまに雪が降った時、子供たちははしゃいだりします。
雪遊びをする子供もいます。

しかし、大人になると雪は嬉しくありません。

多くの交通機関に障害が発生し、歩くことにも一苦労。
大雪だと道路事情が悪化し、物流にも影響が出ることに。

子供は雪が嬉しい。
大人は嬉しくない。

雪が降るたび、会う人たちとそんな会話が出ます。

2019年2月 9日 (土)

迷惑メールでないのに

ときどき、こちらから送ったメールが、相手に届かないことがあります。

『メール届きました?』と聞くと、『届いていない。もしかして迷惑メールに振り分けられているかも』と言われることが。

別段、迷惑メールのような内容でなく、ごくごく普通の文章のメール。

添付ファイルがそうさせるのか、文章自体に何らかのチェックポイントがあるのか。
原因はよく分かりませんが、意外と困ることがあります。

それにしても“本当の迷惑メール”は、迷惑極まりないものです。
毎日、2~3通の海外からの迷惑メールが届きます。

変なウィルスに感染しないように、いちいち削除するのも手間です。

迷惑メールを自動的に振り分けてくれる機能は、その必要性を感じつつ、迷惑でない普通のメールは、ちゃんと相手に届くように願いたいものです。

2019年2月 8日 (金)

有給休暇を取れる?

今年(2019年)の4月から、有給休暇を年に5日は取得させることが義務付けられました。

有給休暇は、勤続年数によって、年に10日~20日が労働者に付与されます。
翌年まで繰り越せるので、最大では40日有給休暇があることになります。

そのうち、5日は必ず有給休暇を取得せよ!
法律でそう決められました。

現実として、「有給休暇など取ったことがない」、あるいは「有給を取るのは難しい」と、感じている人は少なくないと思います。
(労働者側も、企業側も)

「休みの日にも出勤して、通常の週休さえ取れない」と、昨年一年間でも、何人の人にそのセリフを聞いたことか。

「そりゃ、有給を取れれば嬉しいけど、実際は……???」と感じている人がいることは間違いありません。

それでも法律で義務付けられた以上、企業としては有給を5日は取らせなければなりません。

ある運送会社では、『(人が少なくなることで)仕事を断ることになるが、仕方ない』と言っていました。

私自身も、会社に勤めていたときは有給休暇をほとんど取ったことがなく、今後の制度は羨ましいと思う一方、そのひずみは小さくないとも感じています。

2019年2月 7日 (木)

仕事がない天下りの人

ある団体に、監督省庁から天下りで勤務している人がいるそうです。

ただ、その人には特に仕事やミッションが与えられているわけではなく、お目付け役的な存在だとのこと。

従って、出勤しても、あまりやることはないそうです。

やることがないので、いつも本を読んでいる。

団体に勤めている人は、そう言っていました。

特に仕事がなく、いつも本を読んで一日を過ごす。
それでも給料はもらえる。

それは、幸せなことなのか、そうじゃないのか。
本人に聞くわけにはいきませんが、どちらなのでしょうか。

2019年2月 6日 (水)

返品された本はその後どうなるか

アマゾンが、本の買い取りを検討しているというニュースがありました。

書籍や雑誌は、売れなければ書店から出版元に返品することができます。
アマゾンの買取では、返品をしないで、価格を下げても売り切るようにするとのことです。

現状、返品率は約4割と言われています。

さて、返品された本はその後どうなるのでしょうか。

雑誌の場合は、“旬”があるため、売れなければ廃棄されることがほとんどです。
しかし、書籍の場合は、旬を過ぎたとしても、売れる可能性があります。

書籍は返品されると、出版社や書籍を預かる業者の倉庫に戻されます。

そしてそこで、しばらく保管されます。

すぐに出荷が見込まれる場合は、「改装」を行います。

改装とは、書籍本体の表面(表紙を除いた部分)を研磨機で磨き、カバーを取り換える作業です。

書籍の表面が微妙にギザギザになっているのは、改装された証です。
カバーは新しいものを取り付けます。

そして再び書店に並ぶことになります。

それでも、何年も出荷されず、倉庫で眠っている本もあります。
それらは最終的に断裁され、廃棄処分となります。

いずれにしても、本の返品というのは、物流や保管、作業などに多くのコストが掛かっています。

2019年2月 5日 (火)

事務的な対応の人

一緒に仕事をしている相手で、何となく事務的な対応の人がいます。

メール文もそっけない。
電話でも要件だけ。

会ったときも、必要以上の無駄話はしない。

何となく“つまらない”人です。

恐らく、本人は特に意識することなく、そういった対応を取っているのでしょうが、やはり親近感がわきません。

その反対で、やたらベタベタとしてくる人もいます(笑)。

いろいろな話題を振ってくる。
根掘り葉掘り、こちらのことを聞いてくる。

そういった人も、時として対応に困ります(苦笑)。

事務的な対応人と、ベタベタしてくる人。
どちらが好ましいか?

あえてどちらかを選べと言われたら、「事務的な人」でしょうか。
必要以上に関りを持たなくてよいという点において……。

2019年2月 4日 (月)

社員がロボットに置き換わってくれたなら…

『あー、社員がロボットに置き換わってくれたらいいのになぁー。』

ある物流会社の経営幹部の嘆きです。

その物流会社では、労働時間削減のために、勤務体制を変更することを計画しています。
今のままでは、残業時間が多すぎて、法律に違反することになる。
(今から施行される法案に即した場合)

それ自体は、良い取り組みなのですが、労働者からすると「残業時間が削減される」と捉えられてしまっています。
ひいては、給料が減ってしまう…、と。

勤務体制の変更によって、残業が削減されることに対し、社員から不満が出る。
実際、案の検討段階でも、不平が出たそうです。

その会社は、あまり給与水準が高い会社ではありません。
残業が減ると、生活が苦しくなる社員がいることは、会社側も分かっています。

しかし、法律に違反して働かせることを続けるわけにはいきません。

その時出た言葉が、冒頭の『社員がロボットに……』というものです。

ロボットは、どんな働き方をさせても文句は言いません。
ひたすら指示されたことをこなします。

その幹部の気持ちは、理解できます。

2019年2月 3日 (日)

人が採れない中小企業が出来ること

中小企業では、人を採用したくとも採れない、という会社が少なくありません。

社会的な人手不足を背景に、知名度のない中小企業では、募集を掛けてもなかなか応募がありません。

採用にあたっては、まずハローワークに求人票を出します。
そして、応募を待ちます。

しかし、ハローワーク経由で応募してくる人は、本気で入社を希望しているばかりではありません。

中には、失業手当をもらう条件として、「求職活動をしている」必要があるため、『興味はないがとりあえず応募した』という人もいます。

そのため、ハローワークには求人票を出さず、広告で募集を掛けるという会社もあります。
しかし、広告代も安くはありません。
経営が厳しい中小企業では、大企業のような“目立つ求人広告”を出すことはできません。

あまりお金を掛けず、会社や仕事内容を知ってもらうには、やはりホームページの充実が必須でしょう。
会社のホームページは、顧客向けに、商品やサービスを載せていると思いますが、そこに会社の雰囲気や仕事内容を載せているところは多くありません。

仕事を探している立場からすると、「どんな会社なのか」、「どんな仕事内容なのか」を知りたいはず。
そこを理解してもらえる内容を、ホームページに載せることが必要です。

「人が採れない」と嘆いている会社は、まずはホームページを見直してみることをお勧めします。

2019年2月 2日 (土)

怒りの感情を和らげる

生きていると、相手にイライラしたり、怒り(いかり)を感じたりすることがあります。

自分の思いとは違うことをされたり、期待を裏切ることをされたり。

相手に怒りをぶつけたい。
怒鳴りたい。

そんな状況のときでも、怒りの感情を抑えなければならない場面もあります。

怒りの感情を抑える際に、良く言われるのが、「6秒間待つ」というもの。

人間の怒りは、6秒経てば幾分和らぐようになる。
そう言われています。

ただ、6秒経っても、怒りが消えるわけではありません。
相手にクレームを言わなければいけないときに、(多少は)冷静になれる。
それが6秒間だそうです。

これは心に留めておきましょうか。

2019年2月 1日 (金)

書類を積み上げると下の書類が見えない

今、私の机の横に書類が積み上がっています。

読まなければいけない資料や本、処理しなければならない書類など。
日を追うごとに、その数は増えています。

それはあくまでも、“仮置き”として置いているもの。

しかし、もはや下に何を置いているか、記憶がないものもあります。

積み上がったものを一つ一つ確認しないと、何がそこに置かれているか分からない状態。

書類の積み上げは、やはり危険。
大事なことが忘れ去られたり、抜け落ちたり。

書類を積み上げると、下の物は見えない。
当たり前のことですが、それは早急に解消すべき課題となっています。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »