« トラック運転の燃費の差 | トップページ | 一点集中と同時並行 »

2019年2月12日 (火)

働くことのパーパス(purpose)

今月の月刊「ハーバード・ビジネス・レビュー」の特集は、パーパス(purpose)。

パーパスとはそもそも何なのか?

ハーバード・ビジネス・レビューの表紙には、パーパスとは「会社は何のために存在するのか」、「あなたはなぜそこで働くのか」とあります。

英単語のpurposeを訳せば、「目的」。

会社が存在する目的は何か?
自分がそこで働く目的は何か?

その概念を理解(理解というより“腹落ち”のほうが近いかもしれません)することが大切だということです。

なぜ人は(自分は)働くのか?

それを明確に答えられる人は多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか。

働く目的は、お金が第一目的であることは間違いありませんが、決してお金だけがパーパスではないと思います。

働くことのパーパス。
それを追究していくことが、働くことの意義とも言えるのではないでしょうか。
(逆説的ですが…)

« トラック運転の燃費の差 | トップページ | 一点集中と同時並行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働くことのパーパス(purpose):

« トラック運転の燃費の差 | トップページ | 一点集中と同時並行 »