« 上着を着る文化 | トップページ | 「日本」の読み方 »

2019年8月12日 (月)

年中無休の減少

今、お盆休みの時期。

街中の商店でも「お休み」の貼り紙が目立ちます。

数年前までは、年中無休、365日営業が当たり前、休みを少なくすることが売上増加につながる、という風潮がありました。
しかし、最近は年に何回かの定休日を取るところが増えています。

この理由は、「人手不足」、「働き方改革」、「労働環境改善」というキーワードに集約されるでしょう。

“売上”よりも“人”が大事。

そもそも、人が集まらなければ、営業はできない。
人の確保が、売上を決めるといってもいい状況です。

「年中無休」を謳う店の数は、恐らくこの先も減っていくことでしょう。

« 上着を着る文化 | トップページ | 「日本」の読み方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上着を着る文化 | トップページ | 「日本」の読み方 »