« 「夏枯れ」という言い訳 | トップページ | 上着を着る文化 »

2019年8月10日 (土)

休みを取った方が生産性は上がるが…

今の時期は、夏季休暇を取る企業がたくさんあります。

有給休暇の取得も義務付けられ、休みを取らなければいけない世の中の環境になっています。

休みを取らず仕事をし続けると、体も心も疲労します。

休みを取った方が、生産性は上がる。
多くの研究者が、そのようなことを言っています。

恐らくそれは、間違いないことでしょう。

一方で、休みは取りたいが取れない、という人もいます。
人が足りなかったり、代わりの人がいなかったり。

その人は生産性が落ちているのか。

あまり変わらず、ずっと同じ感じで仕事をしている人もたくさんいます。

休みを取った方が生産性は上がるのでしょうが、休みを取らなくても生産性は落ちない。
そう思える人もいます。

« 「夏枯れ」という言い訳 | トップページ | 上着を着る文化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夏枯れ」という言い訳 | トップページ | 上着を着る文化 »