« 質にこだわるスーパー、数にこだわるスーパー | トップページ | 一つの不正が企業を蝕んでいく »

2019年9月17日 (火)

話しを聞き続けられる時間

講義や講演など、人の話しを聞くとき。
あるいは、自分で話しをするとき。

どれくらいの時間が適当なのか。
休憩なしで、聞き続けるのは、何分がよいのか。

あくまでも感覚ですが、60分~75分が適当ではないかと感じています。

60分までは、特に苦に感じず、時間が過ぎていきます。
逆に60分未満で休憩を入れると、少し短い感じがします。

そして、75分くらいまでは集中して聞くことができます。

しかし、それを超えると集中力が途切れ、話しが耳に残らなくなることがあります。

90分くらい休憩なしというのは、少しつらい。
大学の講義では1コマ90分で設定されていますが、90分集中し続けるのは、結構大変ではないかと思います。

そんなわけで、私が話しをする際は、60分から75分くらいで一度休憩を取るようにしています。

« 質にこだわるスーパー、数にこだわるスーパー | トップページ | 一つの不正が企業を蝕んでいく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 質にこだわるスーパー、数にこだわるスーパー | トップページ | 一つの不正が企業を蝕んでいく »