« ネクタイ着用機会の激減 | トップページ | 応接ソファーから会議用テーブルへの変更 »

2019年9月 8日 (日)

建物の安全について教える

規模が大きい物流センターなどで、パート社員や派遣社員を雇用することがあります。

派遣社員の人たちの中には、スポット(その日だけなど)で働く人もいます。
パートやアルバイトの人も、新規に雇用される人が多くいます。

そのような、初めて職場に来た人には、注意事項などを説明します。
職場のルールや、作業上の注意点など、説明して教育を行います。

そして、その注意事項には、建物の安全についても触れる必要があります。

緊急時の避難口や避難経路など。
場合によっては、消火器の位置なども。

事故や災害は、いつ起こるか分かりません。
停電や火災が発生する可能性はゼロではありません。
その時にどうすべきか。

特に、広い倉庫内などでは、すぐに避難口が分からないこともあります。

緊急時に安全を確保できるよう、建物施設の避難経路などを、新しく来た人には説明しましょう。

« ネクタイ着用機会の激減 | トップページ | 応接ソファーから会議用テーブルへの変更 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネクタイ着用機会の激減 | トップページ | 応接ソファーから会議用テーブルへの変更 »