« 目の前の仕事を一生懸命やる、と | トップページ | 汚い社長室 »

2019年10月 4日 (金)

会社は見た目が大事

ある中小運送業者の話し。

その会社(A社)では、ドライバーが不足し、募集を掛けています。
運送業界全体がドライバー不足で悩んでいますが、A社も同様です。

A社の待遇や労働条件は、それほど悪くありません。
長距離運行もなく、日帰りで勤務できます。

しかし、ドライバーが採用できない。

理由の一つとして、会社の建物が古く、狭いことがあります。

建物が老朽化しており、中も汚れが目立つ。
休憩所なども狭く、あまり居心地が良いとは言えません。

そのため、面接を受けに来た人が、「やっぱり止めます」と、就職することを拒む人がいるとのこと。

就職(転職)したい人は、会社の雰囲気には敏感です。
どうせ働くなら、きれいなところで働きたいと。

たとえドライバー職で、トラックの中でほとんど仕事をする人でも、そう思うのは当然です。

やはり、会社も見た目は大事。
A社では、建物を改装することを考えています。

« 目の前の仕事を一生懸命やる、と | トップページ | 汚い社長室 »

物流・ロジスティクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目の前の仕事を一生懸命やる、と | トップページ | 汚い社長室 »