« 間と抑揚 | トップページ | 言ったことの〇割はやらない »

2019年10月19日 (土)

納品回数の削減施策

ある食品メーカーの物流効率化のお手伝いをしています。

いろいろと物流の改善に向けた施策を検討していますが、その中で「納品回数を減らせられないか」という案が出ています。

今は、毎日(週6回)受注をしていて、翌日には出荷をしています。

それを、顧客ごとに週2回の出荷にしたらどうか、という案です。

目的は、トラックの配送回数削減による、コスト低減。
今、トラックが全体的に足りず、運賃が上昇傾向にあります。
トラックが足りないため、「物が運べない」ということも現実に起こっています。

そこで、納品回数を減らすことで、それらの効率化を図れないかということを考えています。

注文する顧客側からすると、納品される回数が減るのは好ましくありません。
そういったハードルを考慮しつつ、実現に向けたプランを策定しつつあります。

« 間と抑揚 | トップページ | 言ったことの〇割はやらない »

物流・ロジスティクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 間と抑揚 | トップページ | 言ったことの〇割はやらない »