« 選ばれる会社になる | トップページ | 納品回数の削減施策 »

2019年10月18日 (金)

間と抑揚

講演などで話しを聞く際、話し方によって理解度が全然違ってきます。

やはり大事なのは、間(ま)と抑揚。

平板な話し方では、せっかくいい内容のものでも、印象に残りません。

ときどき、プレゼン資料のパソコンのトラブルで、うまく画面が映らないことがあったりします。
その時は、全員画面に注目するものです。

それは、間が空き、「次に何を話すのか」と受け手が期待感をもって聞く姿勢を高めるからです。

トラブルをあえて起こすわけにはいきませんが、時にそんな「間」を与えて、聞く人たちの期待感を高めるテクニックも有効です。

« 選ばれる会社になる | トップページ | 納品回数の削減施策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 選ばれる会社になる | トップページ | 納品回数の削減施策 »