« 小売店の欠品率を把握する難しさ | トップページ | 挨拶は声が大きいに越したことはない »

2019年11月 8日 (金)

自分のことは棚に上げて、発言しよう

会議などで意見の提案や具申をする際、「お前はどうなんだ」と言われたくない。

「お前自身は、やっているのか」とか、「お前もできていないくせに」といったことを思われたくない。
自分がやっていないことや、出来ていないことを提案、具申するわけにはいけない。

そんな躊躇をしてしまうことがあるかもしれません。

しかし、良くなるための建設的な提案であれば、言うべきことは言う。
そうありたいものです。

自分が出来ていないからといって、発言を遠慮するのはよくありません。

議論をする会議などでは、お互いにそういう認識で意見をぶつけ合うことが望ましい姿です。

ときどき、会議におけるルールが壁に貼られている会社がありますが、その中に『自分のことは棚に上げて発言しよう』というのを付け加えるのもよいのではないでしょうか(笑)。

« 小売店の欠品率を把握する難しさ | トップページ | 挨拶は声が大きいに越したことはない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小売店の欠品率を把握する難しさ | トップページ | 挨拶は声が大きいに越したことはない »