« 「サショー」と「ケンピン」 | トップページ | 24時間営業で残業が減る »

2019年12月 9日 (月)

失敗したら簡単に飛ばされる(?)

ある中小企業に、銀行から融資が行われました。
主に運転資金の融資です。

昨今は、金融機関同士の競争が激しく、黒字であれば低金利で融資を受けられることがあります。
その企業も黒字を維持しており、低金利でもあったので、今まで取引のなかった銀行から運転資金を借りることにしました。

しかし、あるとき主要顧客との取引が中止となり、売上が大幅に落ちてしまいました。
赤字に転落し、それが回復出来ていません。

資金繰りに窮し、銀行から借りたお金を返すことができなくなりました。
結果として、中小企業再生支援協議会の支援を受け、リスケ(返済猶予)に。

銀行の融資担当者は、『私は飛ばされるかもしれません』と、企業の経営者に恨みを言いました。
その予想通り、融資担当者は地方の支店に“飛ばされ”ました。

失敗したら飛ばされる。
そういった文化の会社は結構多いようです。
金融機関は、基本的にそのような文化だと聞きます。

一方で、失敗を許容する文化の会社もあると思います。
失敗して飛ばしていたら、チャレンジする風土がなくなるという理由によって。

失敗したとき飛ばすか、許容するか。
どちらが良いかを決めるのは、自社(自分たち)です。

« 「サショー」と「ケンピン」 | トップページ | 24時間営業で残業が減る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「サショー」と「ケンピン」 | トップページ | 24時間営業で残業が減る »