« 経営理念を大切にしている社長 | トップページ | 作り笑いもときには有効 »

2019年12月15日 (日)

くじ引きの票数は改善提案の回数で

この時期、会社の忘年会があちこちで行われています。

会社が費用を負担して、忘年会が開催されるところもあります。

そして、その中でくじ引き大会が行われるところも。
豪華景品(?)が供され、当たった人は大喜びとなる場面も多いでしょう。

そのくじ引きですが、一人一票のケースもありますが、票数を人によって変えているところがあります。

それは、「その年の改善提案の回数」を票数としている会社。

たとえば、年間に改善提案を3回行ったら3票、5回行ったら5票とするものです。

そのため、改善提案をたくさん出した人は、当たる確率が高くなります。
それによって、改善提案活動を活性化させる狙いがあります。

これは改善提案をたくさん出す意欲にもつながり、とても良い制度だと思います。

« 経営理念を大切にしている社長 | トップページ | 作り笑いもときには有効 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経営理念を大切にしている社長 | トップページ | 作り笑いもときには有効 »