« 「付き合い〇〇」をやめる | トップページ | 同じ本を読み返すこと »

2020年1月25日 (土)

異動の期間は柔軟に

国家公務員や、地方自治体の公務員は、定期的に異動があります。
多くは、3年ごとの異動。

今の配属になって3年経つと、次の配属先が指定され、新任地に行くことになります。

すると、残りの任期が数か月となった時、「自分はもうすぐ異動だから」と、やる気が削がれる人も出てきます。
「今、一生懸命何かに取り組んでも、どうせ自分はいなくなる」と思えば、誰でもモチベーションが下がるものです。

3年単位という固定ではなく、人によっては4年とか5年勤務するような制度があっていいのではないかと思います。

「いつ異動になるか分からない」となれば、異動先を見据えてモチベーションが下がることも減るのではないでしょうか。

また、勤務期間が長ければ、それだけ業務のスキルも高まり、専門性が発揮できるようになります。

異動の期間はもう少し柔軟にならないか、と感じることがあります。

« 「付き合い〇〇」をやめる | トップページ | 同じ本を読み返すこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「付き合い〇〇」をやめる | トップページ | 同じ本を読み返すこと »