« 誰もが転職を考えている時代の仕事のやりがいとは | トップページ | 「付き合い〇〇」をやめる »

2020年1月23日 (木)

ファミレス24時間営業で助かった思い出

ファミリーレストランのすかいらーくグループが、24時間営業を止めるというニュースがありました。
2020年4月までに、全店で24時間営業を廃止するそうです。

ロイヤルホストも、既に24時間営業を取りやめています。

店舗が24時間営業をすべきか否か、それは以前から述べている通り、「個店の判断で決めるもの」です。
24時間営業をした方が良ければ営業を続ける、止めた方が良ければ止める。
それが判断基準です。

閑話休題。

昔、企業勤務の頃、年末などの繁忙期に、現場への作業応援というものがありました。
本社勤務のスタッフも、人手が足りなくなる時期は、物流センターの現場で仕分け作業などを行うのです。

特に、年末(12月29日~31日頃)の夜間帯に応援に行くことが恒例になっていた時期がありました。

深夜作業が一段落し、午前4時頃に勤務が終わると、始発電車が動くまで、同僚とファミリーレストランに行っていました。
現場応援に行っていた、ほぼ連日。

軽い食事とビールを飲み、電車が動くまで待ちます。
その時、「24時間営業で助かる」と思ったものです。

午前4時頃というのは、店には私たちの他には、数人の客しかいません。

それでも営業していてくれて、暖かいところでビールが飲めることに感謝したものです。

今後24時間営業がなくなれば、おそらく午前4時には店は閉まっているでしょう。

それも仕方のないことです。
その時間帯に営業するメリットがないのであれば…。

« 誰もが転職を考えている時代の仕事のやりがいとは | トップページ | 「付き合い〇〇」をやめる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰もが転職を考えている時代の仕事のやりがいとは | トップページ | 「付き合い〇〇」をやめる »