« 共同物流が成り立たなかった例 | トップページ | ファミレス24時間営業で助かった思い出 »

2020年1月22日 (水)

誰もが転職を考えている時代の仕事のやりがいとは

私の周りに、何人か人材紹介ビジネスに携わっている人がいます。

働き先を探している人と、働く人を探している企業をマッチングさせるビジネス。
皆一様に、人材紹介ビジネス業界は活況だと言っています。

その理由として、誰もが転職を考えているため、というのがあります。

「今、転職を考えない人などいない」ということ。

学校を卒業して、新卒で入社し、そのまま定年まで働き続けたいと思っている人は、ほんのわずかでしょう。
チャンスがあれば転職する。
ある意味、当然の考えです。

ただ、企業からすると、「社員にはうちの会社で長く働いてもらいたい」と思っているところが大半です。
「どんどん転職してもらい、新陳代謝を高めたい」と考えている企業もゼロではないでしょうが、数は限りなく少ないと思います。

長く働いてもらえれば、それだけその人は企業に貢献してくれるし、採用コストも抑えられます。

誰もが転職を考えている時代に、長く働いてもらうにはどうするか。
一番は、「仕事にやりがいを持ってもらう」ことです。
二番目は、「給料などの待遇を満足させる」こと。

では、一番目の仕事のやりがいとは何か?
それは一概には言えませんが、「顧客(や相手、あるいは会社)から感謝をされる仕事ができること」ではないかと思っています。

« 共同物流が成り立たなかった例 | トップページ | ファミレス24時間営業で助かった思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 共同物流が成り立たなかった例 | トップページ | ファミレス24時間営業で助かった思い出 »