« 当然、割の悪い仕事を他人に回す | トップページ | 引っ越しピークを避ける異動時期 »

2020年2月17日 (月)

なぜ必要なのか理解させる

指示したこと、言ったことをやらないで、放ったらかしにされることがあります。

言った側は、腹が立ちます。
「なぜ、やっていないのか!」と。

一方、指示されてもやらなかった側の気持ちは、大抵以下のようなものです。
「忙しかった。」

そして、その気持ち(忙しかった)の裏側には、やる必要性が理解されていないことがあります。

なぜ、やる必要があるのか?
やって何になるのか?
と、心の奥底で思っているわけです。

やる必要性、重要性が理解されていなければ、やらないのは当然です。
なぜなら、“面倒くさい”し、“時間も取られる”からです。

従って、物事を指示する際は、それがなぜ必要なのか、それを行ったらどうなるのか、逆にそれを行わなかったらどうなるのかを、しっかり認識させることが大事です。

« 当然、割の悪い仕事を他人に回す | トップページ | 引っ越しピークを避ける異動時期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 当然、割の悪い仕事を他人に回す | トップページ | 引っ越しピークを避ける異動時期 »