« コミュニケーションは“ふだん”で | トップページ | 管理職は休みが無くても当然という風土 »

2020年2月 7日 (金)

勤務中の私語は「禁止」か、「放任」か

先日、出張先で、とある居酒屋に入りました。
私一人だったので、店のカウンター席に案内されました。

カウンター席の正面は、ドリンクを作るところになっていて、そこで2名の従業員(おそらく両名とも大学生のアルバイト)が、ドリンクを提供する作業を行っていました。

店はそれほど混雑しておらず、ドリンク提供も合間合間があり、そのため二人はずっとおしゃべり(私語)をしていました。
私の目の前で(苦笑)。

それが一つの事例。

もう一つ、別の会社の話で、物流現場において、パートさん主体の作業を行っているところがありました。
商品を袋詰めしたり、ラベルを貼ったりとする作業を行っている現場。

その現場でも、パートさんたちはずっとしゃべりながら(私語をしながら)、作業をしているという状態でした。

果たして、勤務中の私語の扱いはどのようになっているのか。
それがあいまいなところもあると思います。

私語は禁止なのか、ある程度は認めるのか、はたまた好き勝手に許すのか。

あいまいなために、“放任状態”になってしまっているところもある気がします。

勤務中の私語はどうあるべきか。
ぎちぎちに規定するのではなく、ある程度基準を作ることは必要だと思います。
そうでないと、現場の人たちは自分の好き勝手で判断することになります。

« コミュニケーションは“ふだん”で | トップページ | 管理職は休みが無くても当然という風土 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コミュニケーションは“ふだん”で | トップページ | 管理職は休みが無くても当然という風土 »