« 勤務中の私語は「禁止」か、「放任」か | トップページ | ブームの困り事(ウィスキーの例) »

2020年2月 8日 (土)

管理職は休みが無くても当然という風土

会社員の多くは、月に6日から8日程度の休みがあります。

週休2日、さらに祝日も休みという会社もたくさんあります。
土曜日、日曜日は休みとか。

しかし、会社は「休み」となっていても、管理職は「そんなの関係ない」という人が、結構います。

会社が休みの日であっても、出勤することが多く、代わりの休みも取ることはできない。
月に4日から5日程度しか休まないという人もいます。

そして、「それが当然」と思っている人もたくさんいます。

入社以来、その習慣で過ごしているので、「管理職は休みが少ないのが当たり前」と思っている人たち。

それはそれで“有り”だと思います。

« 勤務中の私語は「禁止」か、「放任」か | トップページ | ブームの困り事(ウィスキーの例) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勤務中の私語は「禁止」か、「放任」か | トップページ | ブームの困り事(ウィスキーの例) »