« マイクロマネジメントが必要な人 | トップページ | 管理者になりたくない、という人たち »

2020年2月12日 (水)

冬は寒く、夏は暑くが理想

今冬は暖冬。
全国的に気温が高く、雪も例年に比べ大幅に少なくなっています。

寒さが厳しくなく、過ごしやすい感じ。
ただ、これが冬物を扱う業界にとっては、非常に厳しい環境になっています。

防寒着を扱う企業は、売上が大幅に減少。
スキー場は営業できる日が少なく、営業できなければその間の売上はゼロ。
ファンヒーターなどの暖房器具を販売しているところも、出荷台数減。
食品でも、鍋物用の食材などの需要が減っています。

あまりの暖冬は、経済にとって良い影響はありません。

一部、冬に客が減るゴルフ場などは繁盛しているようですが。

春夏秋冬がはっきりしている日本は、季節ごとに売れるものが異なります。
多くの企業は、その季節需要に対応するようにビジネスモデルが作られています。

やはり、冬は寒く、夏は暑い方が日本の経済にとっては良いことは間違いありません。

« マイクロマネジメントが必要な人 | トップページ | 管理者になりたくない、という人たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイクロマネジメントが必要な人 | トップページ | 管理者になりたくない、という人たち »