« 冬は寒く、夏は暑くが理想 | トップページ | 会社を継ぐ覚悟がある人たち »

2020年2月13日 (木)

管理者になりたくない、という人たち

ある物流企業の、現場の所長たちと会議をしていました。
所長は、各センターのトップという役職で、管理職の人たち。

私が、「皆さんの部下は、将来“所長になりたい”と思っているのだろうか?」と投げかけました。

すると、ほぼすべての所長たちは、「なりたいとは思っていない」と回答しました。

その理由は、大変だから。

所長になれば、当然、数値責任を負わなければならない。
遅くまで仕事をする日もあるが、残業代は出ない。(管理職なので)
緊急の時は、休日出勤もある。

それに対し、所長の手当(報酬)は、それほど多くない。

そんな所長の姿を見ている部下たちは、所長になりたいとは思わないそうです。
「(管理職にはならず)今のポジションのままでいい」と。

企業の側から見ると、その状態は何を意味するのか。
それは、「活力が失われている」ということです。

「頑張って上を目指そう」とか、「真面目に努力すれば役職が上がり、報酬も増える」とか、思う人がいない。
今のままを維持することが大事だ、という人たちばかりになってしまうわけです。

結果として、“現状維持”、“変化を嫌う”人たちの集まりになり、活力が失われることになるのです。

もちろん、役職を上げることだけが正しい目標ではありません。
管理職になることが、“サラリーマンとしてのあり方”でもありません。

それぞれのポジションで、それぞれの役割を果たすことが、働くうえでは一番大事なことです。

しかし、ほとんどの人が「管理職になりたくない」という会社は、そこに大きな問題があると思われます。

« 冬は寒く、夏は暑くが理想 | トップページ | 会社を継ぐ覚悟がある人たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬は寒く、夏は暑くが理想 | トップページ | 会社を継ぐ覚悟がある人たち »