« やるかやらないかを決めるのは当事者 | トップページ | 改善活動が現場に丸投げされている会社 »

2020年2月25日 (火)

社長との距離の近さ

ある中小企業の人に、「この会社の良いところはどこか」を聞きました。

従業員の人からは、「社長との距離が近いところ」との答え。

何かあれば、社長に相談できる。
社長からもいろいろと話しかけられ、とても近い感じがする。

そういった会社だそうです。
その従業員の人たちは、社長に(大きな)不満を抱いているところはないようです。
とても良いこと。

しかし、会社の規模が大きくなると、社長との距離が近いのは良い面ばかりでなく、悪い面ももたらします。

それは、「何でも直接社長に話をしてしまう」、「組織を通り越して物事が動いてしまう」といったことです。

組織の規模が大きくなると、部長や課長といった役職者が置かれます。
役職者は、組織を管理する責任があります。

それが、従業員から何でも社長に直接行ってしまうと、組織の統制が取れなくなります。

ただ、そのことで、「社長が遠い存在」になってしまうことも事実です。

社長との距離の近さ(遠さ)は、どれくらいが良いのか。
それは、それぞれの企業によって異なります。

« やるかやらないかを決めるのは当事者 | トップページ | 改善活動が現場に丸投げされている会社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やるかやらないかを決めるのは当事者 | トップページ | 改善活動が現場に丸投げされている会社 »