« 社員を一堂に集められない悩み | トップページ | 「疲れた」が口癖は危険 »

2020年3月 7日 (土)

スピーチが短い人が好評

地域の自治会の会長という人がいます。

地域のイベントなどでは、その会長が住民に話しをする場面があります。

私の知人が、「今の(自治会の)会長は、すごく評判がいい」と言っていました。
その理由は、
「話が短いから。」

スピーチをする場面では、すぐにその話を終えるようにしているそうです。

人は、何かスピーチが必要になったとき、
「立派なことを言わなければ」とか、「学のある話しをしなければ」と思いがちです。

すると、歴史上の人物や、何かの書籍からエピソードを拾い、“格調高い話し”に仕上げようとしたりします。

ところが、聞いている方は、(大半は)そんな話は興味ありません。
それよりも、話しを「早く終えてほしい」と思っています。

結論としては、スピーチは短く。
これが理想です。

« 社員を一堂に集められない悩み | トップページ | 「疲れた」が口癖は危険 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社員を一堂に集められない悩み | トップページ | 「疲れた」が口癖は危険 »