« 相手を肩書で呼んでいる場合のリスク | トップページ | 給与の額よりも働きやすさ »

2020年3月14日 (土)

中高年の「人は変われる」か

友人と、「人は変われるのか」というテーマで議論になりました。

仕事に対する意欲や、取組み姿勢について。
そういったものを変えることはできるのか。

特に、中高年においてどうか、という議論。
50代や60代になった人たちに対して。

「50や60を過ぎたら、人はもう変わらない」という意見と、「いや、変えることはできる」という意見。

私自身は、どちらかというと後者の考えに近いのですが、果たして本当に変えることができるのかと問われたら、自信はありません。

「危機感があれば変わるのではないか」という見方もあります。
本当に本人に危機が訪れたら、変わらざるを得ないのではないか。

その見方には納得できる部分があります。

人は変われるのか?
変われる、と信じたいところです。

« 相手を肩書で呼んでいる場合のリスク | トップページ | 給与の額よりも働きやすさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相手を肩書で呼んでいる場合のリスク | トップページ | 給与の額よりも働きやすさ »