« 有休は取ろうと思えば取れた? | トップページ | 就職先を選ぶ基準が場所の人 »

2020年3月19日 (木)

爪に火をともす気持ち

細かな経費を削減する取り組みを、「爪に火をともす」と言ったります。

語源は、あまりに貧乏なので、明かりを得るためのろうそくが買えず、代わりに自分の爪に火をつける、というもの。

企業の業績が悪くなると、やはり経費を減らすことが大事になってきます。

売上を上げることが出来ればいいのですが、売上を上げることはなかなか難しいもの。
少しでも利益を得るためには、経費削減の取り組みが必要になるわけです。

経費の中で大きい割合を占めるのが人件費。
しかし、人件費を削るのは容易ではありません。
人員削減は、最後の手段と言ってもいいでしょう。

経費を削るには、それ以外のさまざまなものを、“少しでも減らす”ことが大事になってきます。

旅費交通費、コピー(印刷)代、消耗品代、などなど。

1円でも減らせられないか。
業績が厳しい会社では、全員がそれを意識しておく必要があります。

「セコイこと言うな」という意見は、業績が良い会社の人のセリフです。

« 有休は取ろうと思えば取れた? | トップページ | 就職先を選ぶ基準が場所の人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有休は取ろうと思えば取れた? | トップページ | 就職先を選ぶ基準が場所の人 »