« 中高年の「人は変われる」か | トップページ | 期待をされていない管理職 »

2020年3月15日 (日)

給与の額よりも働きやすさ

給料は、いくらもらえるのが適切か。
いくらもらえたら満足するか。

それは、人によってまちまちです。

もちろん、給料が高いことに越したことはありません。
もらえるものであれば、たくさんもらいたい。
誰しも、そう思います。

ただ、もらえる額は、それぞれの企業で決まっています。

中小企業では、長く何年も勤めても、給料が上がらないというところも少なくありません。
額も、大企業のようにたくさん支給されているわけではありません。

そういった会社でも、長く勤めている人がいます。
辞めようと思っていない人が大勢います。

恐らく、給与の額は、長く勤めていれば、その水準が“当たり前”になり、それに対する不満を感じることは少なくなるのだと思います。

それよりも、働きやすいか、仕事にやりがいを感じるか。
その要素の方が、満足度に影響するのです。

何よりも、働きやすい会社にする。
やりがいを感じられる仕事が出来るようにする。

それが大事なことだと思います。

« 中高年の「人は変われる」か | トップページ | 期待をされていない管理職 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中高年の「人は変われる」か | トップページ | 期待をされていない管理職 »