« 「ご存知だと思いますが」は禁句 | トップページ | 相手を肩書で呼んでいる場合のリスク »

2020年3月12日 (木)

10年後の自社の姿を考える

ある中小企業の幹部研修を行っています。

定期的に幹部が集まり、一日研修を行います。

幹部は、経営陣ではなく、現場のマネジャー層。
経営戦略を考えるとか、方針を立てるとか、全社的な観点で物事の判断をするというよりも、自分たちの現場を日々管理するのがメインの人たち。

そのマネジャーたちに、「自分たちの会社の10年後はどうなっているだろうか?」と投げかけました。

「10年後とは、とても先の話し」という意見。
「10年先まで考えるのは難しい」という意見。

なかなか10年後の姿を予想するのは容易ではない、という思いを抱いたメンバーが多かったようです。

ただ、10年前のことを振り返ってみると、今とあまり変わっていないという意見もありました。

10年後も、もしかしたら今とあまり変わっていないのかもしれない。
否、テクノロジーの発展など、大きく変わっているのかもしれない。

いろいろな見方があります。

10年後、自分たちは果たしてどうなっているのでしょうか。
時に、そんな議論も良いと思います。

« 「ご存知だと思いますが」は禁句 | トップページ | 相手を肩書で呼んでいる場合のリスク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ご存知だと思いますが」は禁句 | トップページ | 相手を肩書で呼んでいる場合のリスク »