« 10年後の自社の姿を考える | トップページ | 中高年の「人は変われる」か »

2020年3月13日 (金)

相手を肩書で呼んでいる場合のリスク

仕事上で、相手を肩書で呼ぶ場合があります。

「社長」
「専務」
「部長」
「課長」
などと。

会話の中で、「“部長”の仰っていることは…」など、肩書で特定の人を差している呼び方です。

しかし、肩書での呼び方は、時にリスクになります。
それは、肩書はいつか変わるということ。

「部長」は、いつまでも部長でいるわけではありません。
人によっては、「常務」になったり、「リーダー」になったり、あるいは「課長」になったりするわけです。

その肩書の変化を知らないと、失礼になります。

特に、3月~4月の人事異動の時期は、要注意です。

« 10年後の自社の姿を考える | トップページ | 中高年の「人は変われる」か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10年後の自社の姿を考える | トップページ | 中高年の「人は変われる」か »