« 会議が終わった後の本音 | トップページ | 人材採用のチャンスというけれど »

2020年6月23日 (火)

消費税込みの金額での錯覚

ある企業の収支状況を分析していたときのこと。

毎月の売上と利益の推移を見て、改善ポイントを探ることを行っていました。

すると、2019年秋以降に少し売上が上がっていたのです。
前年同月比で、ほぼ同じくらいの売上だったのが、秋以降プラス1~2%の上昇。

良い傾向ではないかと思い、要因を聞いてみると、「消費税分です」との答え。

見ていた数値は、税込みの金額だったのです。
2019年10月から税率が8%が10%となり、税込みの売上では2%は自然に上がるのは当然。

税込みか税抜きか、確認をしなかったのがいけないのですが、てっきり税抜きだと思い込んで分析を行っていました。

税込みなのか、税抜きなのかはまず初めに確認すべきことでした。

« 会議が終わった後の本音 | トップページ | 人材採用のチャンスというけれど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会議が終わった後の本音 | トップページ | 人材採用のチャンスというけれど »