« 「置き配」の懸念と期待 | トップページ | 危機の経験がムダにならない、と言えるか »

2020年7月 1日 (水)

生の情報量が減る

今年は、特に3月以降、人と接触する機会が減っています。

外出自粛、リモートワーク、そして業務自体を一旦ストップさせるところが多く、「人と会わない体制づくり」が求められています。
増してや、「ちょっと飲みながらでも…」といったこともできません。

もちろん、オンラインでの会議や、電話での打ち合わせなどはありますが、どうしても人と話をする時間が減っています。

オンライン会議では、社外の人とあまり長く雑談もできません。
また、一緒に移動や行動することもなくなり、その移動の間にあれこれ話をすることも少なくなっています。

直接会っていれば、業界の動向や「あの会社ではどうのこうの…」といった情報が自然に入ります。
あるいは、「あれについては実際どうなの?」と、さりげなく実情を聞けたりします。

今、そういった“生の情報”が得られないのは困ったもの。
ネットなどに出ている情報ではなく、生の声、生の情報がビジネスをするうえでは、結構大事です。

« 「置き配」の懸念と期待 | トップページ | 危機の経験がムダにならない、と言えるか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「置き配」の懸念と期待 | トップページ | 危機の経験がムダにならない、と言えるか »