« 改善目標は何%が妥当か | トップページ | 手が空いたら、何かするか、何もしないか »

2020年6月20日 (土)

繁盛する店と閑散とする店

新型コロナウイルスによる外出自粛が少しずつ緩和され、街に出る人の数が増えています。

飲食店も、営業が元に戻りつつあります。

しかし、客数(売上)は当面元のようにはいかないでしょう。
まだまだ会食や宴会を避ける人は多いものです。

そのような中で、繁盛している店と、閑散としている店があります。

たとえば居酒屋でも、夜になるとそこそこ店が客で埋まるところ。
満席とは言わないまでも、多くの客でにぎわっている店があります。

一方、ほとんど客が入っていない店も。

その差は、結局元々人気があるか、ないかの違いなのでしょう。

料理がおいしかったり、値段がリーズナブルであったりする店は、客も戻りが早い。
そうでない店は、やはり客が足を運ばない。

コロナウイルスが流行る前は、金曜日などは満席の店が多く、仕方なく空いている店に行っていた人たちがいます。
今、満席で入れないことがないため、「もともと行きたい店に行く」わけで、「仕方なく入る店」はないわけです。

二極化とまでは言えませんが、やはり繁盛する店と閑散とする店は、差が顕著に出ます。

« 改善目標は何%が妥当か | トップページ | 手が空いたら、何かするか、何もしないか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 改善目標は何%が妥当か | トップページ | 手が空いたら、何かするか、何もしないか »