« 何が広告で何が報道なのか | トップページ | 「販売革新」復刊 »

2020年7月18日 (土)

余裕が出来たから人材育成

いくつかの運送会社の経営者が、人材育成について語っていました。

「今、コロナウイルスの影響で売上が大きく減っている。
仕事がなくなり、ドライバーの稼働も余裕が出ている。」

そして、「この時期は人材育成を行うチャンスだ」と。

トラックドライバーというのは、デスクワークのサラリーマンと違い、会社に居る時間は長くありません。
一日の大半は、社外で過ごすことになります。

そのため、社員を集めて教育を行うということが、意外と難しいものです。

実際私が、「ドライバーを集めてミーティングすることは可能ですか?」と聞くと、大抵は「普段は難しい」という答えが返ってきます。
会社によっては、年末の最終営業日とか、年始の最初の日ぐらいしか、一堂に集まる機会はないと言われます。

ドライバーの勤務体系は、出勤時間もバラバラ、帰社する時間はさらにバラバラ。
しかも労働時間を短くするためには、帰社したらすぐに退社することも必要です。

しかし、今の“仕事がない”状況では、ドライバーを遊ばさせておくわけにもいかず、教育する時間が取りやすいということらしいです。

個人個人と面談したり、社員を集めて研修をしたり、人材育成につながる時間を取りやすい。
今だからこそ人材育成。
そのチャンスを活かすことは、とても大事だと思います。

« 何が広告で何が報道なのか | トップページ | 「販売革新」復刊 »

物流・ロジスティクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何が広告で何が報道なのか | トップページ | 「販売革新」復刊 »