« 危機の経験がムダにならない、と言えるか | トップページ | シャッター通りが増えないように »

2020年7月 3日 (金)

自分の中で弁証してみる

物事の意思決定をしたり、人に意見を伝えたり。
頭の中では、常にいろいろなことを考えています。

そして、それらすべての判断をしているのは、自分自身。
自分が考えたこと、自分で決めたことを基軸に言動につなげています。

しかし、時に「なぜその判断なのか」がわかりづらいことがあります。

特に、他人にその理由をうまく説明できない場合、相手の納得を得られなかったり、不信感につながったりします。

やはり他人に理解してもらうには、その根拠が必要になります。
ただし、根拠は明確になっているものばかりではありません。

「何となく」とか、「勘で」といった理由で判断している場合もあるわけです。

そのようなとき、自分に反論する“もう一人の自分”がいると、判断理由がクリヤーになることがあります。
自分自身の中で、もう一人の自分が弁証するイメージです。

反論されたとき、うまく答えられるか。
明確な根拠がないときは、自分の中で弁証してみることも必要です。

« 危機の経験がムダにならない、と言えるか | トップページ | シャッター通りが増えないように »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 危機の経験がムダにならない、と言えるか | トップページ | シャッター通りが増えないように »