« 生の情報量が減る | トップページ | 自分の中で弁証してみる »

2020年7月 2日 (木)

危機の経験がムダにならない、と言えるか

多くの企業が経営危機に陥っている現状。

生き残れるか、あきらめてしまうか、経営者の胸中は少なくとも楽観的ではないと思います。

ある経営者がインタビューで語っていました。
「この危機は決してムダにはならない。
危機が人を育てるものでもある」と。

本当に今、生きるか死ぬかの瀬戸際の企業がたくさんあります。
このようなコメントを言えるところは、未だ余裕があるのかもしれません。

それでも、危機がムダにならないと思える経営者は、多少なりとも前向きな気持ちを持っているのだと思います。

そして、この危機を経験した従業員の人たちは、危機を乗り越えたら今までとは変わって成長するというのも、“真”であることは間違いないでしょう。

今の危機はムダにならない。
そう思える経営者は、従業員にとっても頼りになるのではないかと思います。

« 生の情報量が減る | トップページ | 自分の中で弁証してみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生の情報量が減る | トップページ | 自分の中で弁証してみる »