« 鬼上司が感謝される確率 | トップページ | 在庫を置いておく費用の考え方 »

2020年7月 9日 (木)

酒を断った運送会社社長

中小のトラック運送業の社長で、酒を飲まない人がいます。

父親から会社を引き継ぎ、二代目の社長。
社長になったときから、酒を一切飲んでいないそうです。

体質的に飲めないというわけではなく、昔は飲んでいたとのこと。
しかし、社長になったときから、付き合いの席でも酒は止めています。

その理由は、「万一、事故などが起こった時には、現場に駆けつけなければならない」、また「ドライバーが体調不良などで運転できなくなったときに、自分が代わりに運転することもある」というもの。

業務はほぼ24時間365日、何かしらの運行があります。
夜中でも、社員から携帯電話に連絡が来ることが少なくありません。

中小企業なので、ドライバーの数も限られ、余裕を持った雇用もできません。
ギリギリの経営といった状況です。

そのため、何かあったら社長が動かなければいけないのです。
一切酒を断った話に、経営者の覚悟を感じます。

« 鬼上司が感謝される確率 | トップページ | 在庫を置いておく費用の考え方 »

物流・ロジスティクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鬼上司が感謝される確率 | トップページ | 在庫を置いておく費用の考え方 »