« 企業の強みと弱みをどうするか | トップページ | 家を建てて昇進に興味がない人たち »

2020年9月27日 (日)

集合教育は売上にならない(?)

ある中小製造業の話。

社長が、会社の体質を変えようと、社員全員を集めて教育をすることにしました。
月に一度。
半日程度、社長自ら話をしたり、外部講師を招いて研修をしたり。

社長は、自律した社員になってもらいたい、会社以外の世界のことも知ってほしいという思いで、教育を行っています。

ただ、幹部の中には、その教育に対して疑問を持っている人がいます。

曰く、「社員全員を集めると、現場が止まる。
それは全く売上にならない。
むしろ、その前後の業務が忙しくなり、生産管理が煩雑になる。」
というもの。

確かに、参加している社員の中には、真剣に教育を受けようとする意識の低い人もいるようです。
場合によっては、「あまり意味のない話だった」と思えるようなものもあるという感想も出ました。

果たして、その研修はこのまま続けるべきなのか。
社長の思いと、幹部の思いはすれ違っていますが、“正論”からすると、どちらが良いかは答えが出ているような気がします。

« 企業の強みと弱みをどうするか | トップページ | 家を建てて昇進に興味がない人たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業の強みと弱みをどうするか | トップページ | 家を建てて昇進に興味がない人たち »