« 2020年10月 | トップページ

2020年11月

2020年11月23日 (月)

いつも感謝しているか

今日、11月23日は勤労感謝の日。

毎年、この日になると考えさせられます。

いつも感謝しているのか、と。
勤労に。

勤労感謝の日は、政府による定義では「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日とされています。

たっとびとは、普段あまり使わない表現ですが、“尊び”のこと。
互いに感謝しあうのが趣旨。

いやいや勤労していたり、手を抜いた勤労だったり。
そんなときもあるかもしれませんが、勤労している人たち、そして勤労できる自分に改めて感謝する日です。

2020年11月22日 (日)

「楽して〇〇」しよう

楽して稼ぐ。
楽して痩せる。
楽して生きる。
など。

“楽して”と付くと、何か後ろめたい、ズルをしている感があります。

「楽をしようと思うな!」と責められる恐れもあります。

しかし私は、『楽して仕事をしよう』と、話しをする機会があります。

それは、業務改善についての研修やセミナーを行う際。

改善をすることによって、仕事を楽にする。
どうせ同じことをやるのであれば、楽に仕事をできるようにする。

それが“業務改善”である、と。

仕事は楽にできるに越したことはありません。
わざわざ、しんどい思いをしたり、面倒なことをしたりする必要などありません。

楽して仕事をしよう!
業務改善について理解してもらうときは、そのことを訴えています

2020年11月21日 (土)

極端な無人化は行わない

今はコロナウイルスの影響で人手不足感は解消した雰囲気がありますが、将来的には再び人手不足の時代が来ると想定されます。

労働集約的な業種である物流業界も、コロナ以前は人手不足が大きな問題となっていました。

そのため、物流センターなどでの作業を、ロボットのような機械で行えるようにし、省力化・無人化を実現できるようにする動きが盛んです。
極端な話、人を一切介さない「無人センター」を目指しているところも多くあります。

ただ、ある大手の消費財を販売している企業では、物流センターは「極端な無人化は目指さない」という方針を打ち出しています。

その大きな要因は、雇用の確保です。

無人化を進めてしまうと、雇用の場が失われることになりかねません。

従業員が安心して働ける会社であること。
長く働ける職場があること。

企業にとっては、その方針を示すことも大切です。

そのため、省力化は進めていくものの、まったくの無人化までは行わない、とする物流センターを作り上げています。

2020年11月20日 (金)

年功で昇進した人を認めるとは

長年この会社で働いてくれた人には報いたい。

経営者や管理者は、長年貢献してくれた人に、そういった感情を抱きます。

結果、昇進させ、役職を与えることがあります。
「課長」とか「リーダー」といった役職。

仕事内容は今までとあまり変わらないまま、役職だけが付くだけの昇進。

しかし、本当にその人が「課長」や「リーダー」にふさわしいかどうか。

それを判断するのは誰か。

それを判断をするのは、その下にいる人たちです。

下にいる人たちが、その人に対して、確かに「課長にふさわしい」、「リーダーとして認められる」と思われなければ、“ただの役職”が付いたに過ぎないと思われてしまいます。

「長く働いたから役職が付いた」、「特に役割を果たすわけではないが、長年の貢献で役職が与えられているだけ」と思われるのは、当人にとって不幸なことかもしれません。

本当に役職を与えることがふさわしいのか、長く居るだけで役職を与えてよいのか。
経営者や管理者は、見極めることも必要です。

2020年11月19日 (木)

流動的な来年のスケジュール

来年の手帳を購入しました。

来年に行う行事の予定を改めて確認しています。

ただ、予定がまだ流動的なことも多い。
「予定はしているが、確定はしていない」というものも、結構あります。

たとえば、研修やセミナーの仕事。
やる、やらないが決まっていない。
また、やるにしても、会場で人を集めて行うのか、オンラインで行うのか。

流動的な要素が多くなっています。

当面は、しなやかに、柔軟に、臨機応変に。
その心がけが大事な感じです。

2020年11月18日 (水)

「最新の設備があります」といううたい文句

ある物流企業の広告を目にしました。

新しいセンターを作り、そこで物流の各種業務を請け負うための広告。

広告の全面に、「最新式の設備が導入されています」といったようなことが表記されていました。
保管やピッキングをするための設備など、いろいろなマテハンがあることがうたわれています。

その広告に対し、「だから何なのか」という思いを抱きました。

最新式の設備は確かに素晴らしい。(知っている人が見たら)
だがそれによって、それを利用する顧客は何のメリットがあるのか。

そのことが伝わっていなのです。

最新式の設備を使うことで、何が良くなるのか。
顧客がその設備を使うことによって何を得るのか。

広告やプレゼンといった営業活動には、「顧客の本質的なメリット」を伝えることが大事です。

2020年11月17日 (火)

事実と推測を分ける

ビジネスの世界では、事実と推測を分けて話をするのが当然です。

起こったこと。
事実。

思ったこと。
推測。

その二つをしっかり分けなければ、話しを聞いた相手は誤った判断をする可能性が高くなります。

しかし、時にその二つを紛れ込ませて話をする人がいます。

推測を事実のように語る人。
あるいは、事実を推測する人。

特に、推測を事実のように語られると、本当の事実が異なっていた場合に、こちらも恥をかくことになりかねません。

事実と推測を分けるのは、会話では基本中の基本ですが、中には混同させている人がいて困ることがあります。

2020年11月16日 (月)

創発型の人と統制型の人

組織の管理者、マネジャーにもいろいろなタイプの人がいます。

明るい性格の人、暗い性格の人。
放任型の人、関与型の人。

そして、仕事を自ら創り上げていくことが得意な創発型の人と、与えられた仕事をきっちりこなすことが得意な統制型の人がいます。

創発型の人は、今までないものや、新たなことにチャレンジするのが好きな人。
統制型の人は、今までの路線をきっちり守り、確実に物事を進めていくのが好きな人。

ときどき、そのどちらかに極端に振れている人がいます。

極端な創発型の人は、今までの流れを無視し、思いつきで動くことが多い。
極端な統制型の人は、細かいことが気になり、上からの指示に忠実に動くことが多い。

どちらも、部下からすると困ることがあります。

組織のマネジメントを担っている人は、自分の性格がどちらかに偏っていないか、分析してみてほしいと思います。

2020年11月15日 (日)

すぐに改善する風土

先日、ある物流企業の現場で、改善すべき事項について検討する機会がありました。

どのようなところに問題があるか、現場を見て話し合いをしたのです。

私が、「モノの置場が明確になっていないところがある。たとえば〇〇は本来どこに置いておくべきものなのか」という投げかけをしました。

その後、再びその現場を訪れると、「〇〇置場」という表示が付いており、誰もが分かりやすい状態になっていました。

指摘事項にすぐに対応する。
早速行動する。

その会社は、すぐに改善する風土がありました。

一方で、言ったことがそのまま放置される会社もあります。
改善すべきことは分かっているのだけれど、なかなか動かない。
結果として、いつまで経っても改善が進まない会社。

すぐに改善する風土があるところは、やはり強い会社になっていくと思います。

2020年11月14日 (土)

モノの置場は決まっている?

物流センターを管理している人たちに、業務改善について教育する際、『モノの置場は決まっていますか?』と聞くことがあります。

多くの人たちから返ってくる回答は、『決まっています』。

WMS(Warehouse Management System:倉庫管理システム)が入っている物流センターでは、WMSでそれぞれのロケーション登録をすることができます。
置いた場所をロケーション登録しておけば、システムでそのロケーションを確認し、「ここにある」というのが分かります。

しかし、それは保管している“商品”についてのこと。
保管している“商品”は、確かにWMSでロケーション登録をしているので、置場は分かるようになっています。

『では、商品以外は?』

そう問うと、『決まっていません』という回答が返ってくることがあります。

物流センターの現場にあるのは、商品だけではありません。
資材や備品、現場で使う台車など。

それらも含め、あらゆるモノの置場を決める。
これは、業務改善を行う上で、とても大事なことです。

あらゆるモノの置場を決め、誰にでも分かるようにすること。

業務改善の教育を行うとき、その重要性を強調しています。

2020年11月13日 (金)

資料は見える化するためのもの

会議や、上司に物事を説明するための資料。

今日も、多くの人が資料作りにいそしんでいることでしょう。

資料作りは面倒くさい。
時間がかかる。

出来れば資料作りは“ササっと”済ませたい。
そう感じながら、資料作りをしている人も少なくないと思います。

そもそも、資料は何のためにあるのか。

それは、「物事を見える化」するためのものです。

以心伝心では伝えられないことを、誰にでも理解できるようにする。
資料とは相手に内容を見せ、分かるようにするためのもの。

そのため、極論を言えば、“見えれば”いいわけです。

体裁や表現の細かいことにこだわらず、内容が見えればよい。
伝えたい言葉や図形、グラフなどを格好つけず、ベタ打ちすればいい。

そう思えば、少しは資料作りの時間を節約することができます。

そもそも、その資料は何のためにあるのか。
時間をかける必要があるのか、考えてみる余地があるかもしれません。

2020年11月12日 (木)

誰でもプライドが高くなる

役職や年齢が上がると、人はプライドが高くなる。

これは私の持論です。

組織内の地位が上がれば「自分は偉いんだ」とか、年を取ると「相手より上なんだ」という意識が出てくる。
すると他人に対し、「自分の方が優位だ」という思いが表れ、それが言動に出る。

もちろん例外の人はいます。
全員が全員、そうではありません。

ただ、多くの人はプライドが高くなる傾向にあります。
誰でも、役職や年齢が上がるにつれ、プライドが高くなる可能性があるのです。

プライドが高いというのは決して“悪”や“欠点”だけではありませんが、他人を不快にする言動が出ていないか、戒めなければいけません。

2020年11月11日 (水)

教育を実践につなげるには

社員に対して研修やセミナーを行った際、「教わったことを実践するにはどうしたらよいか」といった相談を受けることがあります。

せっかく研修やセミナーで教育したのだから、それを仕事で役立てるようにしたい。
経営者や人事担当者からすると、当然の思いです。

その答えを一言でいうと、「手を動かす」ということ。

仕事で実際にやってみる。
明日から、何かしら“手を動かしてみる”。

実践するための行動プランを作ることでもよいし、手始めに関係者にそれらを働きかけることでもよいので、何かしら手を動かしてみることです。
出来れば明日から。

研修で学んだことをそのまま放置してしまうと、おそらく忘れ去られ、今までと何も変わらないということになるでしょう。

手を動かし、実際にやってみる。
それが教育の成果につながるはずです。

2020年11月10日 (火)

コミュニケーションの改善が課題

先日、ある企業で「業務改善研修」を実施しました。

各部署での業務改善の取り組みを進めていくための研修。
その会社では、改善提案制度などもあり、改善活動を以前から全社的に推進しています。

研修の中で、「より一層業務改善を進めていくために必要なこと」というのを、グループディスカッションしてもらいました。

多くのグループで挙がったのが、「コミュニケーションをよくする」というもの。

普段、本音での意見交換や、改善について話をする機会があまりなく、結果的に改善がうまく進んでいかないという意見が多く出ました。

業務改善において、やはりコミュニケーションは大事です。

改善活動は一人だけで行うものではなく、組織全体で行うものだからです。
組織を動かすためには、コミュニケーションがうまくいっていなければなりません。

つまりは、コミュニケーションが良くなれば、業務改善はうまく進むようになるということ。
業務改善を進めるには、コミュニケーションの改善を図ることが大事だということです。

2020年11月 9日 (月)

仕事の目的と人生の目的

以下は、今月の月刊ハーバードビジネスレビューに載っていた記事の中から抜粋。

「あなたは月曜の朝、職場に行くのが楽しいだろうか、それとも、いやいや出勤しているのだろうか。
(中略)
仕事を楽しめるかどうかは、突き詰めれば、仕事が自分の目的と合致しているかどうかにかかっている。」


仕事が楽しいこと。
そう思える人はとても幸せです。

月曜の朝(土日が休みであれば)、会社に行くことが嬉しいといった感情を抱けることは、人生を豊かに過ごしてることに他なりません。
そして、「仕事の目的と自分の目的が合致」していれば、毎日が幸福にあふれていることでしょう。

では、『(休み明けに)会社に行くことは嬉しいですか?』とアンケートを取ったら、どれだけの人がYESと答えるでしょうか。
1割?
3割?
5割?

恐らく、1割行くか行かないか、かもしれません。

仕事とは何か?
「仕事とは〇〇。」

さて、〇〇には何が入るか。

今日は月曜日。
〇〇に入る言葉を改めて考えてみましょう!

2020年11月 8日 (日)

ネットの口コミと現地現物

今や、インターネットで店舗やサービスを検索すると、そこの口コミが出てくる時代。

利用した人が、そこに対する感想を書き込んでいます。
しかしその口コミは、やはり100%真実ではありません。

企業の関係者があえて良いことを書き込んだり、逆に敵意を持っている人が悪口を書き込んだり。

その“嘘の口コミ”に踊らされることは避けなければなりません。

しかし、それが嘘なのか事実なのかを見極めることが難しいことも事実。
一番確実なのは、口コミなど無視し、自分の目や口で確かめること。

「現地現物」が最も信用できるのは、古今東西変わりません。

現地現物を、これからも心掛けたいものです。

2020年11月 7日 (土)

一声目の挨拶

ある会社の人が、「職場の雰囲気が暗い」と嘆いていました。

別に性格の悪い人が多いというわけではなく、一人一人は至って普通の人たちだとのこと。

暗い理由は、挨拶に元気がないということ。

朝、職場に行って「おはようございます」と言っても、ほとんどの人は無視。
一部の人も、小さな声で「おはようございます」と返ってくるだけとのこと。

毎日、テンションが上がらないと言っていました。

挨拶は、その会社の社風を表します。
社員同士、また顧客に対してしっかりと、大きな声で挨拶をしているところは、良い雰囲気の職場であることの象徴。

誰か来ても、挨拶がないところは、それなりの会社でしかないという表れ。

会って、一声目に発する挨拶の言葉は、とても重要です。

2020年11月 6日 (金)

28800秒、せめて480分で考える

昔、トヨタ自動車の人たちに、“改善”について教わっていたとき。

トヨタの人から常に、「28,800秒で考えろ」と言われていました。

「1日」と捉えてはいけない。
「1日=28,800秒だ」ということ。

1日の労働時間が8時間だとすると、それを秒数に直すと28,800秒(3,600秒×8時間)。

何を言われていたかというと、“秒”という単位で作業を考えることで、その1秒をいかにムダにしないか、ムダな1秒を使っていないかという発想になるということです。

「28,800秒」というのは、私の頭の中にこびり付いている数値です。

ただ、“秒”という単位で改善を進めるのは、あまり適当ではないという業務もあると思います。
ある程度の時間の流れの中で業務が組み立てられているような場合。

そういった業務の改善は、せめて“分”単位で作業の中身を考えてほしいと思っています。

そうすると、1日は480分です。
1日の作業を480に分けて考えてみると、ムダなこと、無くていいことが思い浮かぶかもしれません。

「1日(8時間だとすると)」を過ごすのは、「28,800秒を過ごしている」ことですが、せめて「480分を過ごしている」と思うようにしてみましょう。

2020年11月 5日 (木)

顧客紹介のビジネス

コンサルティングの仕事をしていると、「会社の顧問になってほしい」と言われることがあります。

「顧問」といっても、いろいろな形がありますが、中には「顧客を紹介してほしい」といったたぐいのものがあります。

たとえば、私がお付き合いのある物流業界にアプローチをしたい企業が、「物流会社を紹介してほしい」といったような依頼。

基本的にそのような依頼はお断りしていますが、以前、こちらの意図とは別にそのような仕事を受けざるを得なかったことがあります。

いくつかの物流会社を紹介して、やはりその仕事は私がやることではないと、数カ月後には顧問契約を解除することになりました。
その間、顧問料としてそれなりのお金をいただいていましたが、正直解約となってほっとした記憶があります。

顧客をつかまえたいというのは、大半の企業にとって当然のニーズです。
その顧客候補を紹介するコンサルタントが世の中にいるのも、ある意味当然です。

ただ、私はそのようなビジネスはやりません。
やりたいと思わないからです。

やりたくない仕事は、いくらお金をもらえるとしてもやらない。
これも当然だと思っています。

2020年11月 4日 (水)

時短しても給与は同じ

新型コロナウイルスの影響で、稼働が落ち込んでいる製造業があります。

前年比で約1割~2割の落ち込み。
影響が長期化する前提で、経費の削減に取り組んでいます。

経費の中で、人件費も少しでも減らすべく、時短を進めています。

毎日の操業時間を1時間程度短縮する取り組み。
雇用調整助成金で、その分の給与をカバーしています。

従業員からすると、毎日1時間早く帰れて、給与は同じ。
そのため、喜んでいる人も中にはいます。

心配なのは、操業度が戻ってきたときに、従業員の心理にどう影響するか。
雇用調整助成金をもらう必要がなくなったとき。
その時は逆に、給与は同じでも勤務時間が1時間長くなる。

妙な不満を従業員が抱かないか、少し懸念しています。

経営者としては、とにかく早い時期に操業度が戻ることを祈っています。

2020年11月 3日 (火)

成果主義と時間主義

昨今、仕事における評価を「成果主義」によるものとする流れがあります。

仕事でどれだけ成果を出したか。
評価されるのは結果が主。

ただ、成果主義といっても、「結果を出せば何してもいいんだろう」ということにはなっていません。

そこには組織の秩序が求められるからです。

例えば、勤務時間。
朝、全員が集まって朝礼をする。
昼休みは12時から45分間。
終業時間になるとチャイムが鳴り、帰れる人から帰る。

そして、『今日も一日働いた』という達成感を得ながら会社を出る。

そのような働き方をしている人が、まだまだたくさんいます。

いわゆる時間で管理する「時間主義」。
日本の労働基準法が勤務時間を基にした縛りがあるので、時間を管理する必要があるのも、その要因になっています。

成果主義と時間主義は、二極化するということではなく、うまく組み合わせるのが働きやすい組織づくりにつながるのでしょう。

2020年11月 2日 (月)

有給休暇取得を奨励しているところとそうでないところ

今日の11月2日は、日曜日と明日(11月3日)の文化の日に挟まれています。

そのため、ある会社では「11月2日は有給休暇を取得しましょう」と、全社的に社員に奨励しているところがあります。
11月2日を休暇とすれば、土曜日から火曜日まで4連休となるわけです。

その一方で、中小企業の経営者などと話をしていると、「うちは、有給休暇を取る人はほとんどいない。有休をバンバン取られたら業務が回らない」と言っている会社もあります。

有給休暇は労働者の権利であり、年に最低5日は取得することが義務となっています。

ただ、「有休を取られたら会社が回らない」というのも、本音として理解できる部分もあります。

社員の数が限られ、代わりとなる人もいない。
誰かが休んだら、そのしわ寄せが他の人に及ぶ。

現実として、そういった会社は少なくありません。

有給休暇のあり方一つとってみても、会社によってさまざまです。

2020年11月 1日 (日)

人と会う機会で情報量の増加

今年は夏ぐらいまで、人と会う機会があまりありませんでした。
「(コロナが)落ち着いたら会いましょう」という感じで、打ち合わせなどもできない状況でした。

秋に入り、最近は徐々に直接会っての打ち合わせなどが増えてきました。

やはり、対面で話をしていると、会話の量がオンラインとは違って増加します。

いわゆる“雑談”ができるのです。

仕事先の人たちとは、オンライン会議ではあまり雑談をする場面というのは多くありません。
どうしても要件だけの会話となってしまいます。

直接会っていれば、雑談をするのが当然。
ビジネスに関する話題や、さまざまな業界の話しなど。
多くの情報が入ってきます。

その雑談の中から、ふと「あの人とこの人をマッチングさせたい」とか、「その仕事はあそことコラボレーションできないだろうか」などと、ビジネスを広げる発想が湧いてくる。
発想のきっかけやビジネスの展開は、やはり情報量に比例するものです。

人と会うことで、情報量が増えているのは嬉しいことです。

« 2020年10月 | トップページ