« モノの置場は決まっている? | トップページ | 創発型の人と統制型の人 »

2020年11月15日 (日)

すぐに改善する風土

先日、ある物流企業の現場で、改善すべき事項について検討する機会がありました。

どのようなところに問題があるか、現場を見て話し合いをしたのです。

私が、「モノの置場が明確になっていないところがある。たとえば〇〇は本来どこに置いておくべきものなのか」という投げかけをしました。

その後、再びその現場を訪れると、「〇〇置場」という表示が付いており、誰もが分かりやすい状態になっていました。

指摘事項にすぐに対応する。
早速行動する。

その会社は、すぐに改善する風土がありました。

一方で、言ったことがそのまま放置される会社もあります。
改善すべきことは分かっているのだけれど、なかなか動かない。
結果として、いつまで経っても改善が進まない会社。

すぐに改善する風土があるところは、やはり強い会社になっていくと思います。

« モノの置場は決まっている? | トップページ | 創発型の人と統制型の人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モノの置場は決まっている? | トップページ | 創発型の人と統制型の人 »