« 事実と推測を分ける | トップページ | 流動的な来年のスケジュール »

2020年11月18日 (水)

「最新の設備があります」といううたい文句

ある物流企業の広告を目にしました。

新しいセンターを作り、そこで物流の各種業務を請け負うための広告。

広告の全面に、「最新式の設備が導入されています」といったようなことが表記されていました。
保管やピッキングをするための設備など、いろいろなマテハンがあることがうたわれています。

その広告に対し、「だから何なのか」という思いを抱きました。

最新式の設備は確かに素晴らしい。(知っている人が見たら)
だがそれによって、それを利用する顧客は何のメリットがあるのか。

そのことが伝わっていなのです。

最新式の設備を使うことで、何が良くなるのか。
顧客がその設備を使うことによって何を得るのか。

広告やプレゼンといった営業活動には、「顧客の本質的なメリット」を伝えることが大事です。

« 事実と推測を分ける | トップページ | 流動的な来年のスケジュール »

物流・ロジスティクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事実と推測を分ける | トップページ | 流動的な来年のスケジュール »