« 今後の予測数値の難しさ | トップページ | 実際の現場を見る研修(ができない) »

2021年1月11日 (月)

禁止されれば可能なところに集まる

最近は、建物の中は禁煙というところが増えています。
飲食店でも原則禁煙、もしくは分煙になっているところがほとんどです。
たばこの煙とにおいが苦手な立場としては、歓迎すべき動きです。

ただ、一部の飲食店では喫煙可としているところもあります。
すると、食事をしながらたばこを吸いたい人が、その店に集まることになります。

禁煙の店が増えれば、たばこを吸いたい人が吸える店に行くのは必然。
電子たばこが増えているとはいえ、煙が店内に広がることになります。

禁止されれば、禁止されていないところに行く。
心理としては当然です。

一方で、どうしても禁煙の店にこだわる人もいるので、そういった顧客を逃すことにもなります。
店の立場から見ると、トータルでメリットがあるのか、デメリットが大きいのか。

喫煙可の店に入ると、いつもそんなことを考えながら食事をしています。

« 今後の予測数値の難しさ | トップページ | 実際の現場を見る研修(ができない) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今後の予測数値の難しさ | トップページ | 実際の現場を見る研修(ができない) »