« やはり売り先分散が大事 | トップページ | 今後の予測数値の難しさ »

2021年1月 9日 (土)

ゴーイングコンサーンであるべき(?)

昔、経営学の本を読んでいたら、「企業はゴーイングコンサーンであるべきもの」というふうに書かれていました。
企業は永続することが前提であるということ。

永続というのは、当たり前ですが、ずっとずっと企業として事業を続けていくこと。
一代限りとか、あと何年間で終了といったことではないという考え。
形はM&Aなどで変わることはあっても、企業は続くべきものして経営していくものであるということです。

ただ、小規模の企業の中には「自分の代で終わり」と公言している経営者もいます。
従業員も人数が限られ、経営者とともに高齢化しているようなところは、「続けようがない」、あるいは「続けようという気もない」といった会社が存在しています。

経営に対する考え方はそれぞれであるし、ハッピーな廃業であればそれはそれで素晴らしいことだと言えます。

本(テキスト)に書かれていることだけが正しいことではない、とその本を読んだ数年後に気づいたものです。

« やはり売り先分散が大事 | トップページ | 今後の予測数値の難しさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはり売り先分散が大事 | トップページ | 今後の予測数値の難しさ »